ページの本文へ

  1. 首都圏ナビ
  2. ちばWEB特集
  3. ロッテ佐々木朗希投手 記録ずくめの完全試合 千葉ファンも感動

ロッテ佐々木朗希投手 記録ずくめの完全試合 千葉ファンも感動

  • 2022年04月11日

プロ野球・ロッテの佐々木朗希投手が10日、千葉市で行われたオリックス戦で、28年ぶり16人目となる完全試合を達成しました。20歳5か月での達成は史上最年少で、13者連続の奪三振はプロ野球新記録、1試合で19個の三振はプロ野球記録に並ぶという、記録ずくめの快挙でした。千葉のファンからも驚きや感動の声が聞かれました。

千葉ZOZOマリンスタジアムで28年ぶりの快挙

佐々木朗希投手は10日、千葉市のZOZOマリンスタジアムで行われたオリックス戦に先発しました。
自己最速に並ぶ164キロをマークするなど160キロ台のストレートと落差のあるフォークボールがさえ、1回ツーアウトとしたあと、3番・吉田正尚選手から空振り三振を奪うと、5回のスリーアウトまで13者連続で三振を奪いました。終盤も160キロ台をマークするなど球威が衰えなかった佐々木投手は9回ツーアウトまでランナーを1人も許さず、最後は代打の杉本裕太郎選手からこの試合、19個目となる三振を奪って完全試合を達成しました。
ひとりのランナーも出さない完全試合は、平成6年に巨人の槙原寛己投手が達成して以来、28年ぶり16人目です。また20歳5か月での達成は史上最年少です。

13者連続奪三振も 64年ぶりプロ野球記録

また、この試合で佐々木朗希投手は13者連続の奪三振で64年ぶりにプロ野球記録を更新したほか、1試合19個の奪三振では27年ぶりにプロ野球記録に並び、記録ずくめの快挙でした。
これまでの連続奪三振のプロ野球記録は、昭和32年7月に当時阪急の梶本隆夫投手、また、昭和33年5月に当時東映の土橋正幸投手がマークした9連続奪三振でした。

「しっかり心をコントロール キャッチャー松川を信じて」

試合後、取材に応じたロッテの佐々木朗希投手は、「多くの選手におめでとうと言ってもらえてうれしかったです。ことしのシーズン最初に登板した楽天戦があまりよくなかったので、その反省をここ2試合しっかり生かして脱力しながらストライク先行で投げ、しっかり心をコントロールしながら、最後まで投げ切ることができた」と試合を振り返りました。プロ野球記録に並ぶ19奪三振については、「しっかり、キャッチャーの松川を信じて投げ切ることができました。ただ、特に三振は狙わず、バックを信じて投げることができたかなと思います」と冷静に話しました。そのうえで、今後に向けて、「まだシーズンは始まったばかりなので、1年間、ローテーションをまわれるようにきょうもしっかりとケアして、次の登板に向けて、調整したいと思います」と話していました。

千葉のファンから驚きや感動の声

千葉市のZOZOマリンスタジアムで観戦したファンからは、驚きや感動の声が聞かれました。
八街市の60代の男性は「感無量です。きょうは球筋も見える席から試合を見ていたが、本当にいい球を投げていた。今後の活躍にも期待したい」と話していました。
親などと訪れた千葉市の小学5年生の男の子は「164キロのボールはすごかった。三振の記録に言葉を失った。佐々木投手のようなピッチャーになりたい」と話していました。
また千葉市の30代の女性は「ほんとうにかっこよかった。歴史的な瞬間に立ちあえて、ずっと鳥肌が立っていて、感動しっぱなしだった。また見に来たい」と話していました。
ロッテのファン歴20年以上という習志野市の60代の男性は「最高のピッチングだった。入団したときから応援していて、大記録を達成してくれると思っていたが、やっぱりやってくれた。これを機にもっといろいろな記録を達成してほしい」と話していました。

「令和の怪物」 佐々木朗希投手とは

佐々木朗希投手は岩手県出身の20歳。
大船渡高校時代に163キロをマークし「令和の怪物」と呼ばれて注目を集め、おととしドラフト1位でロッテに入団しました。
1年目は実戦には登板させずにじっくりと育成し、去年は11試合に登板して3勝をマーク。
ことしはオープン戦から163キロをマークするなど順調に調整を続けて初の開幕ローテーション入りを果たしました。
今シーズン初先発となった先月27日の楽天戦は自己最速の164キロをマークし10個の三振を奪いましたが勝ち負けはつかず、今月3日に本拠地で行われた西武戦で13個の三振を奪って今シーズン初勝利を挙げました。
去年より体重が5キロ増えたという佐々木投手は今シーズン、1試合で何度も球速が160キロ台をマーク。そのストレートと落差の大きいフォークボールで三振を奪うケースが多く見られます。

岩手 陸前高田出身 東日本大震災で家族を亡くす

岩手県陸前高田市出身の佐々木朗希投手は、9歳のときに東日本大震災で被災し、父親と祖父母が津波に流されて、亡くなりました。
佐々木投手は、プロ入り後、毎年3月11日に合わせて取材に応じ、野球ができることへの感謝の思いや、活躍して夢や希望を届けたいという思いを語ってきました。
ルーキーイヤーの令和2年には「今あるものが一瞬でなくなってしまう。今生きている身として、そういった人たちの分も一生懸命生きていかなくてはいけないなと思う。活躍しているところを見せたい」とプロとしての決意を語りました。
震災から10年となった去年は「10年前の僕はたくさんの人から支えられ、勇気や希望をもらいながら、頑張ることしかできなかったが、今は勇気や希望を与える立場にあると思う。僕にはプレーでしか恩を返せないので、まずはそこに集中したい。ことしは試合でたくさん投げて活躍したくさんの人に勇気や希望を届けることができるように頑張りたい」と語りました。
そしてプロ3年目になったことし「11年経っても、つらさや悲しみは消えないが、たくさんの方々の支えがあって、今、野球に打ち込めているので支えてもらった方たちに感謝しかない。震災を知らない子どもたちもいると思うが、身近にいる大切な人たちのことを、当たり前だと思わずに向き合ってほしい」と思いを語り、「試合でたくさん投げて、良いプレーを一つでも多く見せられるように頑張って、東北の人たちに喜んでもらえるようにしたい」と話していました。

知事はSNSで「歴史的快挙」実況 市長「千葉移転30年で感動」

熊谷知事のSNSの投稿

千葉県の熊谷知事は、佐々木投手の記録ずくめの快挙について、自らのSNSで「日本記録13者連続三振」「完全試合!歴史的快挙が生まれた」と投稿を続け、試合の模様を実況していました。
千葉ロッテマリーンズの地元、千葉市の神谷市長はコメントを出し、「誠におめでとうございます。完全試合の達成だけでなく、13者連続奪三振、1試合19奪三振など記録づくめの歴史的偉業で市民に大きな感動の輪をもたらしました。チームは千葉移転30年を迎えましたが、今年こそリーグ優勝、そして日本一を成し遂げるよう、全力で応援します」とたたえました。

ページトップに戻る