1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. 千葉放送局
  4. 記事
  5. 千葉・多古町長を逮捕 激戦の千葉10区で何が?

千葉・多古町長を逮捕 激戦の千葉10区で何が?

  • 2021年11月22日

激戦の末、自民党が僅差で議席を守った衆議院千葉10区。この選挙を巡り、多古町の現職町長が公職選挙法違反の疑いで逮捕された。「若く精力的だった」。住民がそう信頼を寄せる町長に何があったのか。(記事の内容や肩書きは、11月22日時点のものです)
(追記12月9日)
この事件で所町長は12月8日、公職選挙法違反の罪で 略式起訴されました。千葉簡易裁判所は罰金30万円の略式命令を出し、町長は納付したということです。
(再追記12月10日)
所町長は12月10日、町政を混乱させたとして辞職する考えを表明しました。

突然の逮捕

逮捕されたのは多古町の町長、所一重容疑者(56)。
多古町の町議会議員を5期務め、平成30年の町長選挙で初当選、現在1期目。

容疑は公職選挙法で禁じられている公務員の地位利用。
10月に行われた衆議院選挙で小選挙区に立候補していた特定の候補者を当選させるため、町長の立場を利用して、複数の職員に対し、投票や票の取りまとめを依頼したという疑い。投票を依頼したのは、投開票日の10月31日、当日とされている。

警察は、捜査に支障があるとして、町長の認否を明らかにしていない。

背景は激しい選挙戦か

まずは、事件の舞台となった今回の選挙を振り返る。
千葉10区は、多古町のほか成田市や香取市、銚子市など県北東部の5市4町からなり、自民党が牙城としてきた選挙区。
立憲民主党との事実上の一騎打ちとなった前回は、自民党が2万3000票の大差をつけて勝利。
今回も立憲民主党との事実上の一騎打ちとなったが、激しい追い上げを受け、激戦区に。
自民党は議席を守ったものの、票差はわずか2800票あまり、薄氷の勝利だった。

激戦となった今回の選挙、所町長は自民党の林幹雄氏を支援する姿勢を明確にしていた。
林氏は当選9回。経済産業大臣を務めるなど自民党の大物議員の1人。
町によると、所町長は、成田空港の対応などで林氏を頼りにしていたという。

選挙戦では、林氏の応援演説に立ち、自身と林氏が収まるの2連ポスターを貼り出すなど、林氏への支持を積極的に訴えていた。

町によると、選挙期間中、マスコミ各社で「林氏が苦戦している」という情報が報じられると、所町長は幹部職員に対し「(林氏は)なくてはならない人」などと心配そうに話していたという。

幹部職員に届いたLINE

町長の逮捕を受けて、町は18日、急きょ会見を開いた。

この中で、所町長が幹部職員に対し、支援する林氏に関するメッセージや動画をLINEを使って繰り返し送信していたことを明らかにした。

▽1回目の送信は公示日の10月19日午後8時。送られてきたのは候補者が街頭演説をする4分間の動画。
▽2回目は選挙戦中盤の10月26日午後7時半頃。前日に自民党の高市政務調査会長が応援に入り、個人演説会が行われた際の動画。
▽3回目は選挙戦終盤の10月29日夜の10時半頃。この日の夕方、岸田総理大臣が訪れて行われたJR成田駅前での街頭演説。このときの動画は5分程度のものがあわせて5本送られていたという。

そして、投開票日となる10月31日。午前7時55分に送信されたメッセージには「政権与党の林幹雄候補なくして成田空港の機能強化は予定通り進みません。林候補は自民党の年齢制限により比例では当選できません。小選挙区で1票でも負けたら終わりです。あとあと後悔のないように貴重な1票を無駄にしないでください」と記されていたという。

会見する平野副町長

会見した平野欽作副町長は今回の投稿と警察が捜査している容疑との関連性はわからないとした上で「町長が林氏を支持していたことは以前から知っていたが、投票を依頼や強要されたという認識はもっていない。私自身の投票行動に影響はなく、ほかの職員がどう感じるかは個人の判断だと思う」と述べている。

また、一連の投稿を明らかにしたことについて、町は「役場が隠し事をしていると勘違いされることを防ぐためだった」としている。

林議員の事務所は

町長の逮捕を受けて林議員の事務所は「大変驚いています。事実関係については全く知りませんので、今後の捜査を見守りたい」とコメント。

住民は驚きと心配

多古町の住民からは驚きと心配の声が上がっている。

80代女性

「本当に驚きました。台風で町が被害を受けた時も素早く動いてくれていたのでショックです」

60代男性

「以前、消防団で一緒に活動していたこともあり、とても良い印象を持っていました。こんなことをする人だとは思えず、いまも信じられません」

80代男性

「新聞を見て初めて知りました。町長は若くて、精力的に取り組んでいたので残念です。これから町がどうなるのか心配です」

今後の捜査は

町役場の捜索に入る捜査員

警察は11月19日、町役場の町長室などに捜索に入った。
これまでの調べで、所町長は幹部職員に対し、第3者にも投票を呼びかけるよう、票のとりまとめを依頼していた疑いがあることも分かっているという。
幹部職員への聞き取りなどを進め、詳しい実態を調べることにしている。

ページトップに戻る