ページの本文へ

  1. トップページ
  2. うまいら!
  3. 2023年11月1日放送『えごま』

「えごま」

2023年11月1日放送

「えごま」
産地:磐田市
収穫:10月中旬~11月上旬
搾油:通年

えごまは、葉や実を食用とするシソ科の植物で、日本では縄文時代から食べられていたといわれています。 
種子からとれる「えごま油」は、江戸時代まで木の艶出しや明かりなど、食用以外にも広く使われていました。
近年、えごま油は、アレルギーを抑制したり、血液をサラサラにしたりするといわれる「α-リノレン酸」を豊富に含んでいる、と注目を集めています。


磐田市でえごまの生産と搾油を行っている鈴木信吾さんは「えごまは、栽培がしやすく、新しく始めるのにハードルが低い。
耕作放棄地が増えている今、農家を増やして地域を活性化させたい」と、35年務めた農協を早期退職し「遠州えごまの会」を発足しました。
磐田市だけでなく、袋井市や森町など周辺の地域に120人ほどの仲間が増え、えごまの生産に力を入れています。

えごま油は加熱せずにそのままで


えごま油は酸化しやすいため、加熱する料理に向いていません。えごまを生産している鈴木さんは、「ヨーグルトにかけたり、ドレッシングとして使用するのがおすすめ」といいます。

うまいら!トップページへ戻る