ページの本文へ

静岡WEB特集

  1. NHK静岡
  2. 静岡WEB特集
  3. 静岡清水区 盆栽用“清梅焼”窯元 杉山宏さん「梅ヶ谷は山も川も花もきれい」

静岡清水区 盆栽用“清梅焼”窯元 杉山宏さん「梅ヶ谷は山も川も花もきれい」

NHK静岡シリーズ「だもんで、清水区。」4月24日~
  • 2024年04月22日

みなさん、こんにちは。“ダモンデさん”です。番組やニュースで地域のディープな魅力を掘り下げる「だもんで」シリーズ。今回は静岡市清水区にお邪魔します。

訪ねたのは、山あいの清水区梅ヶ谷。盆栽用の鉢を手がけているのが、杉山宏さん(70)です。裏山で取れる土を活かし、水を吸い上げる鉢を開発しました。みかん畑がなくなる中、杉山さんは、持続可能な里山づくりを目指しています。

持続可能な里山を目指すのはどうして?

水車や川が整備されたこの地区。もともとみかん畑が広がっていました。しかし、みかん農家が減少する中、山は放置され、杉山さんによると、ごみの不法投棄が問題となったそうです。そこで地域の人たちでもう一度美しい里山を取り戻そうと、水車や川、橋、トイレなどを整備したそうです。

杉山さんは、市内の自動車部品メーカーに勤めていた20年近く前、ジョギングの途中にその活動を知り、会社を辞めて移り住みました。趣味だった山野草の採取や焼き物で地域を応援したいと考えたからだといいます。

(杉山さん)「ここは山も川もきれいで、いろんな花が咲くところです。みかん畑が竹やぶになっていくのが嫌だったので、山野草や盆栽を増やして力になれればと思ったんです」

思わぬ理想の鉢が完成!

移り住んでからは、焼き物や静岡の土について勉強したそうです。ある雨上がりの日、裏山の土がぬかるんでいるのを見つけました。

工房の裏山で土を採取

試しにその土を使って鉢をつくり置いておいたら、鉢全体が湿っていました。実験すると、水を吸い上げていることがわかったそうです。粒子が粗く、ひびが入る具合がちょうどよく、通気性も保たれるということです。

“清梅焼” 水を皿から吸うそうです

(杉山さん)「珍しい鉢だと思いました。盆栽は枯れる原因の6割余りが水のやり方だと言われるほど水の量が難しいんです。この鉢なら必要な水を下から吸い上げるので、盆栽には最適だと思います」

“清梅焼”への思いは?

この鉢は“清梅焼”と名付けられ、ミニ盆栽の愛好家を中心に人気だそうです。この10年で、全国に約2000個を販売しました。今は、イベントやマルシェでPRしています。

(杉山さん)「この地区も高齢化が進む中、持続可能な里山の再生を目指しています。清水の梅ヶ谷の焼き物ということで、この地域の活性化のためにも“清梅焼”と名付けました。この焼き物が根付いて工房が増えたり、海外にも広がったりすればいいなと思っています。夢だけは大きいんです」

みかん畑も守る!

杉山さんは、2022年の台風15号の被害で廃業する農家のみかん畑の維持・管理も始めました。仲間とともに、畑の手入れをしたり、収穫したみかんを販売したりしています。

梅ヶ谷の美しい風景

(杉山さん)「里山の再生を目指しているので、みかん畑が放置竹林になるのをなるべく避けたいんです。みかん農家もほとんど残っていませんが、私が動ける間は守っていきたいと思っています」

ニュース番組「たっぷり静岡」(午後6時10分~)                       シリーズ「だもんで、静岡市清水区。」24日~26日                 ▽清水区自慢! おすすめは?街を知り尽くす人々にインタビュー!
▽解体が始まった木造建築の貴重な教会。地域の人たちが移設・保存に動き出しています。その思いとは?
▽聴覚をなくした漆職人。独特な作風が評価されています。地域とのつながりを求め夢に向かっています。
▽「みーつけた」のコーナー、清水区の豊かな色彩を映像でたっぷりとお届けします。
 

番組「たっぷり静岡プラス だもんで、静岡市清水区。」4月26日(金)午後7時半~
清水港に豪華客船がやってきた!地元商店街では、清水のコスプレ文化や名産の静岡茶を楽しんでもらおうと盛り上がります。おもてなしに奮闘する店主たちの一日を、合計12台のカメラで密着しました。
11年前に静岡市に合併された今も、清水独自のアイデンティティを守り続ける人たちがいます。J1復帰を目指すエスパルス、おととしの台風15号で被災した両河内茶を残していこうと励む農家、不漁からの再起をかけるサクラエビ漁…、独自色豊かな清水カラーを「色」にこだわった映像とともにご紹介します。
東海道の宿場町として栄えた清水区は、美しい街並みが特色ですが、最近は空き家も目立つように…。朽ちゆく空き家を、自力でリメイクし、お店や宿泊施設によみがえらせようと奮闘する男性の取り組みをお伝えします。

 

あわせて読みたい

ほかのおすすめ記事

  • 長尾吉郎

    静岡局 ニュースデスク

    長尾吉郎

    1992年NHK入局
    初任地大分局で釣り覚える
    報道局社会部・広報局など
    ヤエンによるイカ釣り好き

ページトップに戻る