ページの本文へ

静岡WEB特集

  1. NHK静岡
  2. 静岡WEB特集
  3. 富士山麓で日本一長い!?「村山にんじん」うまいら!【富士宮】

富士山麓で日本一長い!?「村山にんじん」うまいら!【富士宮】

貴重な伝統野菜の産地を秋枝伶子キャスターがたずねました
  • 2024年01月19日

驚くべき長さと味の良さから「幻のにんじん」と呼ばれている『村山にんじん』。
この伝統野菜を古くから栽培している、
富士山の麓、富士宮市の村山地区を秋枝キャスターがたずねました。

富士山麓で育つ「村山にんじん」

大きい物は1m近くにもなる「村山にんじん」。
富士山の麓、富士宮市の村山地区で古くから栽培されています。

鈴木昌知(まさのり)さん 82歳

半世紀以上にわたって村山にんじんを生産している達人、鈴木昌知(まさのり)さん、82歳。

取材にお邪魔した日は、鈴木さんからお墨付きをいただけるほど、富士山が美しく見えていました。
山肌の木々が目で確認できるほどの近さに驚き!
鈴木さんによると、このあたりは地形的にあまり強い風が吹かないんだそう。
この日も気温は低かったものの、風はおだやかで、畑で作業をすると汗ばむほどでした。

いざ、収穫!

にんじん、といえば葉を持って引けばスポン!と抜ける…というのは甘い考えでした。
まずはくわを使ってにんじんを抜くための準備をします。

見てると簡単だけども
やると大変ですよ!

深さ30㎝ほど掘りますが、鈴木さんのお話し通り重労働。
畑がふわふわしているので、踏ん張ることがまず難しい。
くわはスッと入るので、軽いかな?と思わせて、ずっしり重い。
ようやく30㎝ほど掘れたら…

自分の方に向けて引っ張ります!
引っ張ります!!…引っ張ります!!!
あれ!?うそでしょ?全力で引いてますよ?
なかなか抜けません。

もう少し掘ってあげるからね。

鈴木さんの手助けがあって、ようやく!

抜けました!!!

長い!見たこともない長さのにんじんです。
私の上半身と同じくらいの長さがありました。(身長158㎝)
そしてまっすぐ綺麗に伸びています。

香り高く濃厚な味

掘りたてを洗って、そのままいただきました。
気になるお味は…濃厚な香りと甘さ!おいしい!!
一口噛むと、口の中にさわやかな香りが広がります。
こりこりと噛むごとに柿のような濃厚な甘さが楽しめて、全て平らげてしまいました。

長さにも驚きですが、味も格別な「村山にんじん」。
おいしさの秘密は「土」にありました。

おいしさの秘密は…

村山にんじんの産地、村山地区の土には、ある特徴があるんです。

ふわふわ、さらさら、大きな石は見当たりません

富士山が噴火したときに、
ここは溶岩が流れてきてないの。

そのため、掘っても大きな石が出ることはありません。
畑がふわふわ柔らかいのは、富士山の火山灰土と砂壌土が混ざった排水の良い土だったからなんです。
これらの条件が揃ってこそ、長くてまっすぐで濃厚な味の「村山にんじん」を作ることができるのです。

「村山にんじん」復活プロジェクト

「村山にんじん」、かつては地区の特産品として、地区の住民ほぼ全員が栽培していたといいます。
しかし、生産者の高齢化と収穫の大変さから、栽培を辞めてしまう人がしだいに増え、一時、生産者は鈴木さんただ一人になった時もありました。

鈴木さんも一般的な短いにんじんを作ったこともありましたが、「やはり村山にんじんの濃厚な味にはかなわない」と村山にんじんを作り続けました。

鈴木さんが守り続けてきた「貴重なにんじんを守ろう」と、富士宮の住人や農協が「村山にんじん復活プロジェクト」を開始。

12年経った現在、生産農家は7軒に増え、伝統を守っています。

鈴木さんは、一緒に作る人が増えてきたことを
「やっぱり嬉しい。作る人が1人でも増えてくれることを願っている」と話していました。

おすすめの食べ方

村山にんじんへの愛情が言葉の端々から伝わってくる鈴木さん。おすすめの食べ方を伺うと、迷いなく「かきあげ」と教えて下さいました。

細切りにした村山にんじんと桜エビ、彩りににんじんの葉を入れることがポイントです。

いただいたところ…甘い!おいしい!!
油で揚げたことで、村山にんじんからさつまいものような濃厚な甘味を感じ、桜エビの香ばしさと相まって後を引くおいしさでした。

鈴木さんが手ずから摘み取って下さったにんじんの葉は、過熱しても色が鮮やかなままで、彩り豊かなところもポイントです。

「どんな料理でもカレーでも何でもいいから入れて使ってもらえれば一味変わると思う」と鈴木さん。
村山にんじんを『自分の人生を共に歩んできた作物で愛着がある』と笑顔たっぷりに話してくれました。

村山にんじんは、富士宮市内のJAの直売所で買うことができます。
富士山のめぐみ、そして鈴木さんが守り続けた伝統の味を、是非味わってみて下さい。

村山にんじん うまいら!

「うまいら!」のページでは、過去の放送内容やレシピもご覧いただけます。放送とともにお楽しみください。

【うまいら!HP】

  • 秋枝伶子

    NHK静岡放送局 キャスター

    秋枝伶子

    山口県下関市出身。
    大学進学で静岡に。もうすぐ人生の半分が静岡で過ごした時間になります。
    「たっぷり静岡」リポーター、
    「おはよう静岡」キャスター。
    4歳の息子と過ごす静岡は再発見の連続です。

ページトップに戻る