ページの本文へ

静岡WEB特集

  1. NHK静岡
  2. 静岡WEB特集
  3. NHK静岡 紅葉をめぐる秋の列車旅!

NHK静岡 紅葉をめぐる秋の列車旅!

大井川鐵道・南アルプスあぷとラインで紅葉の絶景スポットを目指しました!
  • 2023年12月05日

 

NHK静岡で放送している「たっぷり静岡」のコーナー『しず♡LOVE』。
アナウンサーやキャスターが静岡県内35ある市や町の魅力を体当たりで取材します。

今回訪ねたのは、川根本町。南アルプスエリアを走る大井川鐵道に乗って、紅葉をめぐる秋の列車旅を満喫してきました。
沿線の駅では、地域を盛り上げようと活動する人たちとの出会いもありました!
 

取材 静岡局 村田優歌キャスター
☆記事の最後には、動画も掲載しています☆

紅葉を目指して!大井川鐵道の列車旅

旅の出発地点は、大井川鐵道の千頭駅。

駅前には観光案内所や特産のお茶を販売しているお店も!

まずは切符を購入。目的地の奥大井湖上駅までは720円です。
厚みのある硬券を買ったのは久しぶり!

旅の始まりにワクワクします!

今回乗るのは大井川鐵道 井川線、通称・南アルプスあぷとライン
赤い車体が印象的なトロッコ列車です。
台風15号の影響を受けたものの、井川線は去年の10月22日に全線開通しました。

この列車はダム建設の資材を運ぶために作られ、今は観光列車として運行しています。

車内には昔ながらのボックスシートが並びます。

駅のホームからの見送りを受けて、いざ出発!

いってきます!

千頭駅を出発して数分。
トンネルを抜けると景色が開け、大井川と色づいた木々が姿を現します。

車内では、車掌さんが沿線の見どころをアナウンスで紹介してくれます。
車窓に広がるお茶畑。シーズンには茶摘みの様子も見ることができるそうです!

静岡らしい景色を楽しめます!

さらに列車の窓は自由に開けることができるので、秋のひんやりとした風と森の匂いを感じながら景色を楽しみました。

風が気持ちいい!

列車に揺られること、およそ40分。
この路線の中でも人気の、アプトいちしろ駅に到着です!

アプトいちしろ駅は、この先の急な坂道を登るために動力となる車両を連結する駅。
実はアプトいちしろ駅から次の長島ダム駅までの区間は、全国の一般的な鉄道の路線の中でいちばん急な坂道なんです!

遠目に見ると、この急傾斜!

動力になる車両を連結して列車を押し上げる「アプト式」と呼ばれるシステムが見られるのも、全国でここだけ。
駅では連結作業を間近で見ることができるとあって、鉄道ファンにも根強い人気があります。

人気のもうひとつの理由は、ホーム脇で販売されているかしわ餅です!

別名「あぷと餅」

かしわ餅は2個入りで300円!駅での停車時間は5分ほどですが、多くの人が手作りのかしわ餅を求めて列を作っていました。

行列のできる盛況っぷり!

このかしわ餅を作っているのは、地元の奥泉振興会の方です。
こどもの日がある5月の大型連休と11月の紅葉シーズンにだけ、限定で販売しています。

柏餅は白と緑の2色。緑色は春に地元で摘んだヨモギを使った草餅です。
一番列車の時間に合わせて、朝からかしわ餅作りを始めます。
出来立てホカホカ!お客さんの手に渡るときにも、ぬくもりが残ります。

出来立てのかしわ餅

列車旅のお供にぴったりなかしわ餅。手作りの味が人気を集めています。

ホームでお客さんをお見送り

沿線の“珍”名所!?ミステリートンネルを散策!

さらに、アプトいちしろ駅の近くで気になる看板を発見。

ミステリートンネル?

謎のトンネルはアプトいちしろキャンプ場のそばにあると聞き、行ってみることにしました。
迎えてくれたのは海野泰一さん、90歳!ミステリートンネルの仕掛け人です。

海野泰一さん

ミステリートンネルは、廃線になったかつての鉄道のトンネルです。
使われなくなっていたのを、海野さんたち地元の人が整備して、ちょっとした名所にしたんだそう。まずはトンネルを案内してもらいます。

海野さんはヘッドライトも装着して準備万端。かなり暗いトンネルのようです。

ミステリートンネルの入り口

トンネルに足を踏み入れると、鉄道が走っていた名残を発見!

昔の線路が残っていました

奥へと歩いていくと、何やら佇む人影を発見。

近づくと、急に海野さんのヘッドライトが消えて…

真っ暗になった直後…
突然人形が動き出しました!

人影の正体は、カッパの人形でした!
センサーで人を感知して、近づくと明かりがついて動き出します。

魚を釣っているカッパの人形

実際に触ることができる仕掛けもたくさんありましたよ!

何が出てくるのかドキドキ
体験型の仕掛けもたくさん!

トンネルの長さは375メートル
面白い仕掛けが盛りだくさんのミステリートンネルでした。

海野さん

昔の廃線のトンネルを何か出来たら面白いなあということで、仲間と一緒に考えながら作ったんですよ。大人のいたずらです(笑)
子どもさんが来ると喜んでくれるので、面白がって作ってます。家族連れで来て、喜んでくれたら嬉しいです。

湖上から見渡す紅葉の絶景へ!

アプトいちしろ駅で買ったホカホカのかしわ餅を食べながら目指すのは、紅葉の絶景スポット!

景色を眺めながら食べるかしわ餅は最高!

ダム湖の接岨湖を列車で渡ると、奥大井湖上駅に到着です。

ダム湖の上にある奥大井湖上駅

奥大井湖上駅を見下ろすことのできるフォトスポットを目指します。
ここでは鉄橋を歩いて渡ることができるんです。

湖を見下ろしながら線路脇を歩く体験にワクワク!

急な階段をのぼり、さらに山道を進むと…大井湖上駅の展望所に到着!
展望所からの景色がこちらです。湖上の駅とあたり一面を見渡せる絶景でした!

山々も紅葉で色づき始めていました

ちなみに奥大井湖上駅にはカフェもあり、景色を眺めながらゆったりと時間を過ごすこともできました。一番人気はダム湖をイメージした青いカレー!川根の紅茶と一緒にいただきました。

紅葉と、秋の絶景と、地域を盛り上げようと取り組む人たちに出会うことのできた大井川鐵道の列車旅でした!

☆放送の動画はこちら<期間限定で公開>☆

  • 村田優歌

    静岡放送局キャスター

    村田優歌

    富士市に祖父母が住み、中・高と裾野市で過ごしました!静岡は第二のふるさとです。県内くまなく歩きまわります!

ページトップに戻る