ページの本文へ

静岡WEB特集

  1. NHK静岡
  2. 静岡WEB特集
  3. 静岡 熱海 解禁の伊勢エビ漁 伊豆山港の水揚げは土石流以前の水準に

静岡 熱海 解禁の伊勢エビ漁 伊豆山港の水揚げは土石流以前の水準に

  • 2023年09月20日

おととしの土石流で大量の土砂が流れ込んだ静岡県熱海市の伊豆山港で、今シーズンの伊勢エビ漁が解禁され、3年ぶりに水揚げ量が回復しました。

解禁初日 3kg超える大物も

熱海市の伊豆山港では伊勢エビ漁が解禁となり、8月17日の朝には4隻の漁船が漁場に向かいました。

このうち松本早人さん(48)は岸からおよそ30mの沖合で、前日に仕掛けた網を引き上げました。

網には重さ3kgを超える大きな伊勢エビなどもかかり、次々にかごに入れていました。

土石流から2年 水揚げ量回復

伊豆山港では、おととしの土石流で土砂が流れ込み伊勢エビが減るなどの影響を受けましたが、土砂の撤去作業が繰り返し行われた結果、海の濁りも解消されつつあるということです。

解禁初日は、伊豆山港であわせておよそ100kgの伊勢エビが水揚げされ、土石流以降2割ほど減っていた水揚げ量も3年ぶりに回復し、例年並みに戻ったということです。

漁業者 松本早人さん
解禁の日なのでこれぐらい獲れると気持ちがいいです。港の中は土砂がまだ少し残っているので、どのように改善していくかがこれからの課題です。

伊勢エビは1kg6000円で競り落とされ、市内の旅館などで提供されるということです。

ページトップに戻る