ページの本文へ

静岡WEB特集

  1. NHK静岡
  2. 静岡WEB特集
  3. 暑さも吹き飛ぶ?魚のトルネード!初夏の伊豆大島の海へ

暑さも吹き飛ぶ?魚のトルネード!初夏の伊豆大島の海へ

いつも潜って伊豆の海 ~伊豆大島への旅~ NHK静岡・望月アナ潜水リポート
  • 2023年06月30日

伊豆の海の魅力を望月アナが水中からリポートする「いつも潜って伊豆の海」。今回の舞台は、熱海から高速船で45分の伊豆大島。巨大な岩のアーチや、タカベやイサキの大群など、とにかくダイナミックな伊豆大島の海をご紹介します!

熱海から45分の船旅で伊豆大島へ

JR熱海駅からバスに乗って10分ほどで熱海港へ。
初島や伊豆諸島への玄関口です。


大島行と初島行の看板を発見。

初島は末永キャスターが満喫していましたね。
旅のようすはこちら!

高速ジェット船に乗って熱海を出発! 

乗船時間は45分。

ウトウトする間もなく大島に到着です。

 

溶岩でできた地形がおもしろい!

東伊豆の対岸に位置する伊豆大島は、三原山の噴火などで知られる火山の島です。

伊豆大島から見た東伊豆の山々

溶岩でできた地形が海の中まで続いています。

まずは伊豆大島で人気のダイビングスポットに向かいました。

伊豆大島でおなじみのダイビングスポット 野田浜

岸から泳ぐこと10分。

「大きな岩のアーチがあります、伊豆大島の名所です。」

 溶岩でできた天然のアーチです。

中を通ることもできます。

魚たちの住みかにもなっています。

岩壁のすき間に隠れていたレンテンヤッコ
テングダイ
アーチを出た先にいたクマノミ

 さらにほかにも秘密が。
 「アーチの上に来てみました。岩のすき間から空気がぼこぼこと吹き上がっています。」

アーチの中にいるダイバーの空気です。
溶岩でできた岩には無数の穴が開いていて、すき間から空気が出てくるのです。これも伊豆大島ならではの地形のおもしろさです。

 

砂地に隠れる生きものたち

つづいては砂地を探索です。

伊豆大島を代表するポイント 秋の浜

 

ここに隠れていますよ!

すぐ目の目の前にいます
ダルマガレイ
体長15センチほど

ヤドカリが歩いていました。

イシダタミヤドカリ

おっと!エイと目があいました。

イズヒメエイ

 

圧巻!魚のトルネード

今度は船で移動です。

一緒に潜った都筑カメラマン(左)
深く深く潜っていきます

「水深30m付近で、大きなカリフラワーのようなものを見つけました。」

ウミトサカというサンゴの仲間です。

花びらのようなものをよく見てみると。

口のようなものがあります。

ここで流れてくるプランクトンを捕まえて食べています。 
ウミトサカは植物ではなく動物なのです。

 

魚であふれる海をさらに進んでいくと・・・。

キンギョハナダイの群れ

「うわあ、魚の群れに囲まれています!」

魚が逃げません。
潮の流れが良く当たる岩場はプランクトンが集まる格好のエサ場なのです。

 

まるで魚の嵐のよう。

伊豆の海で20年以上潜ってきましたが、こんな経験は初めてでした。

イサキ
タカベ

タカベやイサキなど回遊魚たちが、上下左右から湧き上がってくるようでした。

 

溶岩でできた地形、魚の大群。
伊豆大島のダイナミックな魅力が凝縮された海でした。

★動画はこちらから!★

 

  • 望月豊

    NHK静岡 アナウンサー

    望月豊

    静岡県伊豆の国市出身。1998年入局。1999年から潜水取材班で活動中。

ページトップに戻る