ページの本文へ

静岡WEB特集

  1. NHK静岡
  2. 静岡WEB特集
  3. 旬の桜えびかき揚げ丼 厚さ5センチ NHK静岡 田中洋行アナ 由比

旬の桜えびかき揚げ丼 厚さ5センチ NHK静岡 田中洋行アナ 由比

  • 2023年05月19日

NHK静岡放送局のアナウンサーの田中洋行です。
ことしは駿河湾の“宝石”と呼ばれる特産サクラエビの春漁の水揚げが復活の兆しを見せています。国内の水揚げの中心・静岡市清水区の由比漁港では、6月に“由比桜えびまつり”が5年ぶりに開催されることになりました。静岡の海の魅力を発信する私としてはこの朗報に胸の高鳴りがとまりません。家族旅行や日帰り観光などにうってつけの地元の人気イベント。不漁やコロナ禍を乗り越えて復活する地元の特産。全国のサクラエビのファンにとっておきのグルメを知ってほしい…。今回は旬を迎えた季節限定の味、生のサクラエビ丼とかき揚げ丼をご紹介します!

サクラエビのまち“由比”

JR由比駅前の“由比桜えび通り”

JR東海道線の静岡駅から電車で20分ほどの由比駅。駅前に降り立つと、目の前には“由比桜えび通り”の看板が。2つの大きなサクラエビのオブジェもお出迎えしてくれますよ。

JR由比駅

由比漁港 交通アクセス
東京から車でおよそ2時間、大阪から4時間半ほど。電車で由比駅まで東京からは新幹線と在来線を乗り継ぎ1時間半から2時間、大阪からは3時間ほど。由比駅から由比漁港まで徒歩10分ほど。

“由比桜えびまつり”
令和5年6月11日(日)午前8時~午後2時
場所:由比漁港(静岡市清水区由比今宿)
海の幸の販売、漁船の体験乗船などを楽しめる。
※天候により中止の場合あり

イベントに関する特集記事はこちら

田中アナ

駅前の道沿いを進むと昔ながらの建物や飲食店があります。風情を感じながら散策を楽しむのもおすすめ!

新鮮な生サクラエビの甘み

まず訪れたのはJR由比駅近くの国道沿いにある食堂。新鮮な由比の海の幸を味わうことができます。

さっそく生のサクラエビを頼んでみると…

漁港近くで生のサクラエビ 最高の幸せ

口に含んだ瞬間にひろがる甘み。かむとほのかに広がる上品な香りに圧倒されます。

くぅ~たまらない!

エビの皮は薄く、シャクシャクした感じです。お好みで長いサクラエビの“ひげ”を利用した塩やしょうゆをかけるとうまみが増してごはんがさらにすすみます!

厚さ5センチ かき揚げに驚がく!

次にサクラエビのかき揚げ。まずインパクトのある見た目、ボリュームに驚きを隠せません。

かき揚げのなかでエビが踊っているようだ
かき揚げを箸でサクサクとくずして食べる

食感だけでなく、かき揚げのなかの隙間からエビの香りがただよい、顔を近づけるとそのこうばしさから幸せな気分になれます!

大根おろしを乗せて食べると味に変化が。さっぱりとした風味の中にえびのうまみとあぶらがまざりあって深い味わいになります!

大根おろしのみずみずしさがたまらない

かき揚げの“バラ”天丼

そして、最後の締めはサクラエビがバラバラと揚げられている“バラ”天丼。

バラバラに揚げていることでサクサク感とこうばしさがさらに際立ちます。タレをかけて食べると、ほっぺたが落ちるような最高のおいしさです!

不漁とコロナ乗り越えた店主の笑顔

店主の伊藤忠雅さん

この店を経営する伊藤さんによると、ことしは大きさのそろったいいサクラエビが安定して水揚げされ、久しぶりのうれしいにぎわいをみせているといいます。

伊藤さんと妻の由紀子さん

伊藤忠雅さん
サクラエビは駿河湾の地域で唯一無二の存在です。漁業者、漁協、卸業者、飲食店などで資源を大切に守りながら、それぞれが成り立っていけるように頑張っていきたい。一見『小さいエビのくせして』と思いますが、うまみが凝縮しているサクラエビ。多くのお客さまに味わってほしいですね。

笑顔あふれる地元グルメ味わって

NHK静岡 田中洋行アナウンサー
私は去年秋、サクラエビ漁の船に乗せてもらい、不漁と向き合う漁業者の取材をさせてもらいました。およそ5年にわたるかつてない不漁。そしてコロナ。長く厳しい状況を過ごしてきたのは漁業者だけでなく、駿河湾のサクラエビに誇りをもってその魅力を提供してきた多くの飲食店のみなさんも同じでした。本当に嬉しそうな店主の伊藤さんの笑顔はぐっと胸に迫るものがありました。

  • 田中 洋行(たなか・ひろゆき)

    NHK静岡 アナウンサー

    田中 洋行(たなか・ひろゆき)

    大学で海洋生物を学んでNHKアナウンサーに。
    人と海との関係は奥深く、魅力だけでなく環境の問題なども多くの人に伝えたいと長年取材しています。「しず海ひろば」で静岡の海の話題を発信中。

ページトップに戻る