ページの本文へ

静岡WEB特集

  1. NHK静岡
  2. 静岡WEB特集
  3. 連休 静岡・藤枝 朝ラーの旅はいかが?新茶の季節にラーメン

連休 静岡・藤枝 朝ラーの旅はいかが?新茶の季節にラーメン

「あつ」と「冷やし」あなたはどっち?安川侑希キャスター取材 
  • 2023年04月25日

 

いよいよ連休。静岡は新茶の季節です。
茶どころ藤枝市発祥の「朝ラーメン」、通称「朝ラー」ってご存じですか?

朝7時から8時、早いお店では夜明け前に開店するラーメン店が およそ20も軒を連ね、藤枝の食文化となってきました。
いまでは藤枝だけでなく、県内はおろか全国各地からお客さんがやってきて、早朝から行列をつくっているとか。
朝からアツい!藤枝の朝ラー事情はいったいどうなっているのか?調査してきました。
そして、朝ラーの旅に出かけるみなさんの背中を後押しできますように!

                         取材 静岡局 安川侑希キャスター

★記事の末尾には「たっぷり静岡」の動画も掲載しています。お時間のある方はどうぞ★

早起きしました!朝ラーの発祥地 藤枝へGO!

「おはようございます。時刻は5時40分をまわりました。 今から車に乗って藤枝に行きたいと思います。」

 眠い目をこすりながら向かったのは、藤枝駅から車で7分。50年ほど前、藤枝で初めて朝ラーを始めたお店です。 3代目の小栗孝昌(おぐり・たかまさ)さん・由江(よしえ)さん夫婦がにこやかに迎えてくれました。

藤枝朝ラーの特徴は、かつおぶしや昆布など、 さっぱりとした醤油ベースの魚介だし。となりは焼津、 海の幸が手に入りやすかったんだとか。


さらに、温かいラーメンのほかに、冷たいラーメン、 通称「冷やし」があること。もともとお茶農家の人たちが早朝の作業の後に食べていたことから広まった 朝ラー。夏場でも、「冷やし」ならつるつるっと食べられることから、 ひときわ人気となりました。

YOUはどうして藤枝へ?お客さん徹底調査!

朝ラーのうわさは広まり、いまでは、全国からお客さんがやってくるようになりました。
この日、お客さんに声をかけてみると・・・。市内がほとんどでしたが、なかには、群馬や愛知から
来たという人も発見!

一方、熱狂的な朝ラー大好きさんたちも。藤枝市内で不動産業を営むこちらの男性。
内山大地さん。なんと、週に4回、食べるんだとか。

「飽きないですね。安定の味なので。みそ汁と同じですね。みそ汁って飽きないですよね」

一度に三杯?「朝ラー」の超人に出会った!

なぜそこまで朝ラーが好きなのか。 その秘密は、内山さんのお父さんにあるといいます。
どうしても知りたくて、仕事場までついていくことに。
そこで出会ったのは、内山さんのお父さん、淑夫(よしお)さん。朝ラー歴はなんと40年。
朝ラーには人並みはずれたこだわりがあると言います。

淑夫さん
「みなさん、あつと冷やしって言うじゃないですか。あれはだめ、素人の食べ方。
あつとあつを食べる人が人並。超人になるとあつとあつの大盛り。それでもう少しいけたら冷やしも」。
安川
「そんなに食べられるんですか?」

淑夫さん
「あたりまえだよ!
 僕は朝ラーに行くときは女房を連れてく。あつと冷やし、あつと冷やし頼んで、僕が3杯食べます」

朝ラーへの熱い思いを語りだしたら止まらない淑夫さん。
あらためて、朝ラーとはどんなものなのか、聞いてみると。

人生にとってラーメンは欠かせない。 その思いは、確実に、息子さんにも受け継がれていたのかもしれません。 

私もラーメン好きで取材をはじめたものの、こんなにラーメンの存在が地域のなかで大きなものになっているとは知りませんでした。
一杯のラーメンを求めて、県外から数百キロの道のりをハンドルを握ってやってくる人。
地元の人にとっては、人生とは切っても切り離せない日常の一部になっていることが、改めてわかりました。

朝ラー、ありがとう。

★4月19日放送分の「しず♡LOVE」動画はこちら👇★

  • 安川侑希

    静岡局 キャスター

    安川侑希

    磐田市出身。2021年から「たっぷり静岡」キャスターを担当。趣味は筋トレとラーメンを食べること。

ページトップに戻る