8月某日、この秋BSプレミアムで全国放送されるドラマ『プラスティック・スマイル』のロケ見学・取材会に、学生による学生のための雑誌「静岡時代」編集部がお邪魔しました!


『プラスティック・スマイル』は百田夏菜子さん演じる主人公・林田紬(つむぎ)と、青柳翔さん演じる
望月翔が、仕事や趣味、本当の自分とは何かを見つけていく青春お仕事ドラマ。
仕事と趣味はきっちり分ける? 仕事が趣味? ついつい “私はどっちだろう…?” と考えてしまいます。
今回はNHK静岡放送局が制作しオール静岡ロケ。地元に注目が集まるのはやっぱりうれしいものです!

ロケ現場のひとつ、清水駅前銀座商店街に出演者の皆さんが集合!
11月、ドラマ放送日近くに同商店街で開催されるコスプレ大会のフラッグがたくさん掲出されていました。

この日は清水駅前銀座商店街でのロケ現場を見学できました。
1シーンを撮るのに「こんなにたくさん!?」と感じるくらい、現場には多くの人が関わっているんだなあと学生一同ビックリ!数十秒のシーンのために光加減や風の強さを気にしながら撮っていることもわかって、制作に関わる方々の仕事にも興味津々でした。そしてなにより、普段はアイドルとして活躍する百田さんが、シリアスな表情で演技しているのが印象的でした。笑顔のないシーンの撮影だったので撮り終えた後の百田さんのふとした笑顔は余計にグッときちゃいました。
現場にいたからこそ仕上がりが気になるこのシーン、絶対に見逃すまい!

撮影現場は、携わる人の多さに圧倒されました!

ロケ見学後の取材会には、百田さんや青柳さんに加え、武田真治さんと片山萌美さんが出席。
百田さんは静岡県出身ということもあり、「オール静岡ロケで、穏やかに撮影に臨めています」と話していました。紬の友人ジェン役の片山さんは劇中のコスプレ姿で登場(圧巻の完成度!)、紬の勤める会社社長を演じる武田さんは記者とのユニークな掛け合いやぶっちゃけトーク炸裂で取材会は大盛り上がり!
出席者の皆さんはずっと笑顔(時に爆笑)で、現場の一体感や百田さんの言う穏やかな雰囲気が伝わってきました。


取材会のあと、監督の大橋守さんに「これから働く私たち学生世代には、どんな風にこのドラマを見てもらいたいですか?」と質問すると、「逆にこちらが聞きたいくらい。ドラマでは“働き方改革”について取り上げますが、仕事とやりがいや達成感は切り離せないんじゃないかということが隠しテーマだったりします。何をポイントに仕事を選ぶのかということを改めて考えるきっかけになればと思う」と話してくれました。
これから社会人になる学生だからこそ、このドラマを観たら新たな自分の考え方に出会えるかもしれない、そんな想いを胸に11月21日の放送を心待ちにしています!

今回ロケ見学・取材会にお邪魔した「静岡時代」編集部員一同(筆者は左から2番目)。
静岡英和学院大、静岡大、常葉大の学生メンバーで、ドラマがますます面白くなる記事をお届けしていきます!