ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK静岡放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK静岡放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です

熱中症は応急処置で命を守る

熱中症は命に関わる危険な症状です。応急処置の方法を確認しておきましょう。
めまいやふらつき、意識がなくなるなど、熱中症の症状が出たら、すぐに応急処置をして下さい。意識がある場合は、涼しい場所に移動し、衣服をゆるめ、体を冷やし、水分を補給します。症状がおさまらなければ、医師の診察を受けましょう。意識がない場合は、周りの人がすぐに救急車を呼びます。涼しい場に移動させ、衣服をゆるめ、保冷剤などで首筋やわきなどを冷やして下さい。窒息するおそれがあるため、水は飲ませないで下さい。
命に関わる熱中症、素早い処置が肝心です。

読み上げブラウザ用メニューに戻ります
熱中症は応急処置で命を守る