ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK静岡放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK静岡放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です

熱中症から命を守る(屋外編)

  

熱中症は命に関わるケースもあり、危険です。
気温が30度を超えると、熱中症になる人が大幅に増えます。
屋外では、帽子や日傘を活用して下さい。こまめに水分をとり、汗を多くかいたら塩分もとります。休憩も大切です。また、マスクを着けていると熱がこもりやすく喉の渇きも感じにくいため、熱中症の危険が高まります。車の中は、温度が急激に上がるため、短時間でも、お子さんなどを車内に残さないで下さい。気象庁は、熱中症の危険性が高い場合、「熱中症警戒アラート」を発表します。情報が出たら、特に注意が必要です。
命に関わる熱中症、対策・予防をお願いします。

読み上げブラウザ用メニューに戻ります