ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK静岡放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK静岡放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です

熱中症から命を守る(屋内編)

熱中症は、屋内でも注意が必要です。
熱中症の疑いで亡くなる人の多くが、エアコンがあっても使っていなかったという調査結果があります。
屋内でも、室温や湿度が高いと熱中症になりやすく、夜も注意が必要です。エアコンや扇風機を適切に使って下さい。室温を28度以下、湿度を70%以下に保つのが理想です。エアコンがきいた部屋は空気が乾燥しやすいため、のどが渇いていなくても1・2時間に一度、コップ半分程度の水分をとりましょう。一般に、1日1.2リットルが目安とされます。
命に関わる熱中症、屋内でもしっかり対策を。

読み上げブラウザ用メニューに戻ります