ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK静岡放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK静岡放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です

応急処置で助かる命を増やす

大規模な災害が起きると、多くのけが人が出ることがあります。
災害時にけがの応急処置ができれば、助かる命を増やせるかもしれません。出血していた場合、清潔なガーゼやハンカチなどで傷口を圧迫し、止血します。血液に直接触れないよう注意し、可能であれば傷口は心臓より高い位置にします。やけどの場合、すぐに流水で冷やします。骨折や捻挫は、添え木になるものを包帯や布などで結び、固定して下さい。応急処置を施したら、病院か救護所に向かいましょう。
応急処置の方法を知り、災害時、役立てて下さい。

読み上げブラウザ用メニューに戻ります