2021年01月27日 (水)「冬は野菜や果物がおいしくなる季節!」【塩谷奈生子】


沼津市出身の宇佐見りんさんの「推し、燃ゆ」を読み終えました、塩谷です。
芥川賞受賞のニュースを見て思わず買いましたが、
地元の方の受賞は嬉しい限りですよね。

私の高校時代の推しは吉永小百合さんで、
映画の原作小説を探していたなあと思いながら
読んでいましたが、
皆さんの推しは誰でしょうか?


さて、
先日湖西市へ「うまいら」のロケへ行ってきました。

風がびゅうびゅうと吹きつけていて、
同じ静岡県内でもこんなに気候が違うのかと驚きました。
撮影メンバーは終始ぶるぶる震えておりました。
髪の毛は全て遠州のからっ風に持っていかれたロケになりました。笑


そんな過酷な環境で旬を迎えているのは、
湖西のキャベツです。

湖西の環境が栽培に適しているということで、
全国でも栽培されているのはこの地域だけ。

何が特徴かと言いますと、
何かが普通のキャベツの2倍なんです。

20210127shioya_01.jpg


一つ一つ丁寧に愛情込めて
栽培されているのが伝わってきました。
ロケの中で、
農家の太田さん夫妻に
おいしい食べ方を紹介して頂きました!

何が2倍かは、
28日の「たっぷり静岡」で是非ご覧ください。


そして、この間、
ひとりでいちご狩りへ行ってきました。

静岡にいる間に石垣いちごを生で見たかったんですよね。
石垣による保温効果で
苺の生育が促進されているということです。

20210127shioya_02.jpg

とっても甘くておいしかったです。

農園では、
収穫の前に手を洗う、
1つのハウスにお客さんは1組のみという風に
対策をしていらっしゃいました。
今年は新型コロナウイルスの影響で、
県外のお客さんがいないため、
おいしい苺が収穫されずに腐ってしまうのだそうです。

来年はコロナが終息して、
いちご狩りがまた盛り上がることを期待します。

投稿者:塩谷 奈生子 | 投稿時間:19:00

ページの一番上へ▲