2022年04月01日 (金)静岡のみなさんへ【高栁秀平】


静岡に来て3年、
たっぷり静岡のキャスターを担当しながら、
静岡県の様々な場所を訪ねました。

JR飯田線の小和田駅からの中継に
車で向かおうとしたら、

電車でしかたどり着けないと気づき、
唖然としたことも今は良い思い出に…。


「ふじさんぽ」のコーナーも一番の思い出のひとつです。
富士山を愛する写真家を訪ねて、
撮影の指導をしていただきました。

春には桜と一緒に、
冬には山頂の雪煙と満点の星空と一緒に。
秋には、海辺で波しぶきに濡れながら(寒かった…)
自転車旅も、本当はもっと地道に自転車をこいで走っていたんですよ(尺の都合でカットになりました)


そして、
台風19号、三島市のワクチン接種、熱海市の土石流。

逆境の真っただ中にある方々が
「世の中のためになるなら」と経験を語り、
言葉を託してくださいました。

取材が終わると「テレビの前で応援しているからね!」と声をかけてもらい、
応援する立場のはずがかえって励ましていただくことに。

新型コロナの影響で、
お会いできた人の数は限られていたかもしれません
それでも静岡県で出会ったみなさん、ひとりひとりの声に
背中を押してもらいながら3年間を過ごしてきました。

本当にありがとうございました。 


東京からの富士山は
遠くに小さく見えるかもしれませんが、
その先にお世話になったみなさんがいることを胸に
毎日の仕事に臨みたいと思います。

投稿者:高栁 秀平 | 投稿時間:19:00

ページの一番上へ▲