2019年01月10日 (木)早朝ランニングで思うこと【横尾泰輔】


こんにちは、副部長の横尾です。
本年もよろしくお願い致します。

朝焼けに浮かぶ富士山、けさの景色です。

190110yokoo_001.jpg

静岡に来て1年7か月たちました。
毎朝こんなふうに眺められるなんて、贅沢だなあ。
富士山が見守ってくれているよ。
なんだか強く生きていけそうだ。
・・・単身赴任生活にも慣れてきました。

さて、私は週3日以上のランニングを自分に課しているのですが、
最近は朝の冷え込みが厳しく、心が折れそうになります。
それでも、気持ちを奮い立たせて外に出れば、
まあやって良かったなと、だいたい思えます。

早朝の安倍川河川敷、空気が澄んでいます。

190110yokoo_002.jpg

見上げる冬枯れの木も、見ようによってはアート。

190110yokoo_003.jpg

 

そして、ランニングでたまに履くのが、
使い込んで底のすり減ったこのシューズです。
なぜか。

190110yokoo_004.jpg

2年前、「北九州マラソン」に出た時、
4時間(3時間58分)で完走し
そこそこ満足していたところ、
帰りの新幹線の中である記事を目にしました。

同じ日に開催された「京都マラソン」で、
京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥教授が
3時間27分で自己ベスト(当時)を更新したというのです。
ノーベル賞受賞者、おそらく超多忙、
しかも、私より10歳以上年上・・・

「iPSも進化しますが、僕の記録も進化します」
なんてかっこいいインタビューを残されていました。

その時、山中教授が履いていたのが、
当日私が履いていたのと同じこのシューズだったのです。

立派だなあ、見習いたい、自分もそんなマインドで、
という気持ちを思い出したく、
今もたまにこのシューズを引っ張り出すのでした。

投稿者:横尾 泰輔 | 投稿時間:14:00

ページの一番上へ▲