2018年12月20日 (木)河川の奥深さを感じる【横尾泰輔】


こんにちは、副部長の横尾です。

先月、あるご縁で「天竜川」をじっくり見てきました。
川をじっくり見るって何?
なんとなく眺めたり遊んだりはありますが、
今回、まさにじっくりと川を見てきたのです。

まずは、天竜川の中流部にある「秋葉(あきは)ダム」。

181220yokoo_001.jpg

高さ89メートルのコンクリート製のダムで、
水力発電施設です。
ダムマニアにはおなじみ「ダムカード」も発行されています!

ダムでは管理する方々が船を出し、
流木やゴミなどの撤去作業を行っていました。

181220yokoo_002.jpg

今年は、豪雨の影響で流れ着くものが多かったとか。
川の安全と環境を守る仕事、本当にご苦労様です。

ダムの内部に潜入。
地下迷宮のようでもあり・・・

181220yokoo_003.jpg

鍾乳洞のようでもあります。

181220yokoo_004.jpg

ダムにはかなりの水圧がかかるため、
コンクリートの継ぎ目などから微量の水がしみ出すそうです。

続いて、川の水位の危険度がひと目で分かる橋脚。

181220yokoo_005.jpg

こういう施設を映像で上手く捉えれば、
防災・減災に役立つ放送ができるのでは?
んー、なんとかしないと。

こちら、浜松市内の「彦助堤(ひこすけづつみ)」にて。
江戸時代、たびたび水害をもたらす「暴れ天竜」から
人々の命を守ろうと築かれた堤です。

181220yokoo_006.jpg

実は今回、河川防災を考えようという視察で、
東大大学院の田中淳教授(写真一番右)にお声がけ頂き、
同行させてもらいました。

アテンドしてくださったのは、
国土交通省中部地方整備局浜松河川国道事務所の
田中里佳所長(私の右)と三浦弘禎副所長(私の左)のおふたり。
心から感謝申し上げます。

川について、熱く語り学べた貴重な機会。

181220yokoo_007.jpg

「蛇行のバランスがいい」「堤防が少しやせている」、
川トークが飛び交います。

181220yokoo_008.jpg

国土交通省は、洪水などで危険が予想され
重点的にチェックが必要な場所を「重要水防箇所」に定め、
ホームページなどで公開しています。

豪雨の時、河川の何に注目しどう伝えるか、
災害から人の命を救うためにも、
私たち情報の伝え手には
まだまだ学ぶべきことが多いと痛感しました。

181220yokoo_009.jpg

天竜川河口から夕日を望む。

投稿者:横尾 泰輔 | 投稿時間:18:00

ページの一番上へ▲