2018年04月23日 (月)第6投 春は鮒【早坂 隆信】


早坂は決意した。
「必ず、かの大鮒を釣らねばならぬ!」

春はマブナ(ギンブナ)の季節である。
産卵を控えた大型の個体が浅場にやってくる。
一年で最も大物に出会える時期なのだ。
30cm以上のものが大物とされ、釣り人の間では「尺ブナ」と呼ばれている。
桜の咲くころから4月いっぱいくらいまで、シーズンは短い.。

4月某日、マブナ釣り師は近所の川にやってきた。

180423_hayasaka01.jpg

水深30cmほどの浅場に草がボサボサ。
春はこういうところにフナが隠れているものなのだが、
隠れきれずボサボサの周りをうようよしているのもだいぶいる。

簡単そうだな!

しかし、ボサボサの近くに仕掛けを入れても当たりがない。
魚はそこにいるのに、うんともすんとも。おかしいな。
おーい、エサだぞ。

アタリもないまま、陽が傾いてきた。
日没までに必ず戻ると約束して出てきたのだが、じつにマズイ。
家では怪獣たちが暴れている。
待っている人があるのだ。

「ああ、陽が沈む。ずんずん沈む。」

それでもあきらめきれずにいると、
むむっ、ウキが妙な動き。
何かかかった!

180423_hayasaka02.jpg

重いのに全然暴れない感じ。
これはどうやらフナに違いないぞ!

180423_hayasaka03.jpg

大きいフナは動きが極めてにぶい。
岸に寄せながら写真を撮るのも余裕でできる。

180423_hayasaka04.jpg

やっぱりマブナだ!
それにしても

180423_hayasaka05.jpg

 

お前、ずいぶんでかいな!
測ってみよう

180423_hayasaka06.jpg

180423_hayasaka07.jpg

うわっ、36cm。
マブナってこんな大きくなるんだ・・・

写真を撮ってサヨウナラ。

180423_hayasaka08.jpg

40cmになったらまた会おう。

一匹釣れると、帰りたくなくなるのが釣り人というものである。
早坂ほどの男も例外ではない。

・・・もう一匹くらいすぐ釣れるんじゃないかなあ。

もぞもぞしているうちに太陽が地平線に没した。

「ああ、待ってくれ!」

釣り人は慌てて帰宅した。

本日の釣果
マブナ36cm・・・1匹

投稿者:早坂 隆信 | 投稿時間:16:41

ページの一番上へ▲