2022年11月10日

「アニソン・アカデミーin静岡」直前企画③ アニメの舞台 勝手に観光案内 ~ラブライブ!サンシャイン!!篇~【後藤康之】


こんにちは!アニメ好きアナウンサー"やすにゃん"こと後藤康之です。

さて、「アニソン・アカデミーin静岡」放送直前企画シリーズの3回目。
今回は「アニメの舞台 勝手に観光案内 ~ラブライブ!サンシャイン!!篇~」です。

「ラブライブ!」シリーズは学校内で結成された「スクールアイドル」が夢に向かって奮闘し成長する姿を描く人気作品です。これまで4つのシリーズが展開されていて、第2作にあたる「ラブライブ!サンシャイン!!」は静岡県の東部、沼津市が舞台となっています。
TVアニメは2期放送され、2019年には映画にもなりました。また、作品に登場するアイドルグループの声を演じる声優さんたちが実際にライブを行うユニット「Aqours(アクア)」は2018年の第69回NHK紅白歌合戦にも出場し、いまも精力的に活動しています。

今回も、さまざまな事情に配慮しつつ、作中に登場する舞台を中心にたずねてみました。
もちろん「スマホでオール自撮り」かつ「セルフ編集」でお届けします!

三の浦総合案内所のある内浦地区や三津(みと)海水浴場は沼津駅からバスで30~40分ほどかかります。沼津市は広いからこそ、それぞれの場所が実にさまざまな表情を持つ、本当に素敵な街です。皆さんも1日ゆったりとめぐってみてください!

「アニソン・アカデミーin静岡」まであと3日!テーマは「アニメ・アニソンお国プチ自慢~静岡篇~」。
MCの中川翔子さん、ゲストの遠藤正明さんへのメッセージやリクエスト、お待ちしています!

リクエスト&メッセージは番組HPから

投稿者:後藤 康之 | 投稿時間:14:00 | カテゴリ:後藤 康之 | 固定リンク

2022秋だよ!潜水アナウンサー日記【望月豊】


こんにちは。
立冬が過ぎましたが、小春日和が続いていますね。
この秋は潜水アナウンサーの仕事で各地で潜ってきました。

西伊豆町田子のサクラダイがすごすぎました

9月上旬。
「ひるしず」で毎週金曜日にお伝えしている「いつも潜って伊豆の海」。
今回は西伊豆町田子で潜水リポートしてきました。

お目当てはこの時期に群れを作る深海の魚・サクラダイ。
台風が接近し、サクラダイのいるポイントまで船が出られるかひやひやでしたが、
(天気や海況に左右される潜水ロケはいつもこんな感じです)
水深40m近くまで潜ると、今まで見たこともないサクラダイの群れ!
その美しさと出会えた幸運に興奮して水中で思わず叫んでしまいました。
「たっぷり静岡」でお伝えしたようすをどうぞ。

元寇船の沈む海へ

9月下旬。

NHK潜水アナウンサーの若きエース、佐賀放送局・小林将純アナのサポートで長崎県松浦市の鷹島沖へ。
この海に沈む鎌倉時代の元寇船のいかりがいよいよ引き揚げられようとしていました。
大学時代、日本中世史を専攻していた私にとって、これ以上ない光栄な現場です!
興奮でドキドキ、でも万が一傷つけでもしたらと思うとドキドキ。
視界もほとんどないほど濁っていましたが、一度も着底することなく中層に浮いて小林アナをライトアップ!

我ながらいい光を当てられました。
このリポートは10月22日(土)の「おはよう日本」でも放送されました。

左から広島放送局・山本泰正カメラマン、望月、小林アナ

潜水研修で講師をしてきました

10月下旬。
NHK潜水班の新人研修で伊豆大島へ。

入れ替わりの與芝由三栄アナが撮ってくれました
ちょっと照れてます笑

新たに潜水アナウンサーを志願してくれたのは、
入局4年目・山口放送局の島田莉生アナ(右)と
2年目の徳島放送局・義村聡志アナ(左)のフレッシュなコンビです。

とにかくハードなことで有名なNHK潜水研修。
特に新人研修1回目は、安全潜水の徹底のためアナウンサーもカメラマンもプールでひたすら泳ぎ込みます。
23年前、いまの義村アナと同じ入局2年目の望月も、溺れそうになりながらこの研修を受けていました。

ちょっと泣き顔です

伊豆大島はNHK潜水班の"虎の穴"なのです(古い笑)

全装備で25mプールを20周する通称"地獄たび"。義村アナ(左)も島田アナ(右下)も1時間以上泳ぎ続けました。

救急救命講習も真剣に何度も行います。

以前、静岡放送局で勤務していた関口泰雅アナも安全管理者として研修生の面倒を見ていました。

研修生に訓示する関口アナ(右)

研修のようすは、11月13日(日)放送予定の「どーも、NHK」で放送予定です。

私が撮影した水中映像も使われるかも?
潜水アナウンサーの紹介もあるので、ぜひご覧ください。

左から義村アナ、沖縄局・細田史雄アナ、アナウンス室・関口アナ、望月、島田アナ

これからも水中リポートを目指す若い力を支えながら、故郷・伊豆の海中をリポートしていきます。
ひきつづきNHK潜水アナウンサーをよろしくお願いします。

おしまい。

投稿者:望月 豊 | 投稿時間:11:00 | カテゴリ:望月 豊 | 固定リンク

ページの一番上へ▲