ラジオ深夜便 番組からのおしらせ

2019年11月17日
『小箱』
小川洋子(朝日新聞出版)
『私の家』青山七恵(集英社)
『難行苦行の〈絵描き遍路〉をやってみた』イマイカツミ(寿郎社)


2019年10月20日
『オーガ(ニ)ズム』
阿部和重(文藝春秋)
『読書実録』保坂和志(河出書房新社)
『絵を見る技術』秋田麻早子(朝日出版社)


2019年9月15日
『夢見る帝国図書館』
中島京子 著(文藝春秋)
『掃除婦のための手引き書』ルシア・ベルリン 著(講談社)
『八月のひかり』中島信子 著(汐文社)


2019年8月18日
『渦 妹背山女庭訓 魂結び』
大島真寿美 著(文藝春秋刊)
『猫をおくる』野中柊 著(新潮社刊)
『外は夏』キム・エラン著、古川綾子 訳(亜紀書房刊)


 2019年6月16日
▼スタジオゲストに 小説家・三浦しをんさんをお迎えして
三浦しをんさんの本
『ののはな通信』KADOKAWA……島清恋愛文学賞受賞作品
『愛なき世界』中央公論新社……植物学会賞特別賞受賞作品

▼今月のおすすめ
『戦争は女の顔をしていない』スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ著、三浦みどり訳(岩波書店刊 岩波現代文庫)
『「盛り」の誕生』久保友香 (太田出版)
『100年かけてやる仕事』久保孝保 (プレジデント社)


 2019年5月19日
『狼の義 新 犬養木堂伝』林新・堀川惠子 共著(角川書店刊)
『浮沈・踊子 他三篇』永井荷風 著(岩波書店刊)
『郝景芳短篇集』郝景芳(ハオ・ジンファン)著、及川茜 訳(白水社刊)


2019年8月18日
『渦 妹背山女庭訓 魂結び』
大島真寿美 著(文藝春秋刊)
『猫をおくる』野中柊 著(新潮社刊)
『外は夏』キム・エラン著、古川綾子 訳(亜紀書房刊)


 2019年6月16日
▼スタジオゲストに 小説家・三浦しをんさんをお迎えして
三浦しをんさんの本
『ののはな通信』KADOKAWA……島清恋愛文学賞受賞作品
『愛なき世界』中央公論新社……植物学会賞特別賞受賞作品

▼今月のおすすめ
『戦争は女の顔をしていない』スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ著、三浦みどり訳(岩波書店刊 岩波現代文庫)
『「盛り」の誕生』久保友香 (太田出版)
『100年かけてやる仕事』久保孝保 (プレジデント社)


 2019年5月19日
『狼の義 新 犬養木堂伝』林新・堀川惠子 共著(角川書店刊)
『浮沈・踊子 他三篇』永井荷風 著(岩波書店刊)
『郝景芳短篇集』郝景芳(ハオ・ジンファン)著、及川茜 訳(白水社刊)


 2019年4月22日
「この道」古井由吉 著(講談社刊)
「ほとほと」髙樹のぶ子 著(毎日新聞出版刊) 
「刺し身とジンギスカン」魚柄仁之助 著(青弓社刊)


2019年3月17日
「夢も見ずに眠った。」絲山秋子 著(河出書房新社刊)
「笑いの方法」後藤明生 著(つかだま書房刊)
「生き抜くための俳句塾北大路翼」(左右社刊)


2019年2月17日
「ミッテランの帽子」アントワーヌ・ローラン著、吉田洋之 訳(新潮社刊)
「前立腺歌日記」四元康祐 著(講談社刊)
「中世史講義――院政期から戦国時代まで」高橋典幸・五味文彦 編著(筑摩書房刊ちくま新書)


2019年1月20日
「芙蓉の干城(たて)」松井今朝子 著(集英社刊)
「第七官界彷徨」尾崎翠原作、のぞゑのぶひさ 著(太田出版刊)
「最後の読書」津野海太郎 著(新潮社刊)


2018年12月16日
「日本の同時代小説」
斎藤美奈子 著(岩波書店刊)
「看取りの人生」内山章子 著(藤原書店刊)
「自転車泥棒」呉明益 著/天野健太郎 訳(文藝春秋刊)


2018年11月18日
「佐野洋子の動物ものがたり」
佐野洋子 著、広瀬弦 絵(小学館)
「83¼歳の素晴らしき日々」ヘンドリック・フルーン 著、長山さき 訳(集英社)
「ふがふが闘病記」菊地貴公 著(タイフーンブックスジャパン)


2018年10月21日
「私のティーアガルテン行」平出隆 著(紀伊國屋書店)
「無限の玄/風下の朱」古谷田奈月 著(筑摩書房)
「人はどこまでいけるか」野見山暁治 著(平凡社)


2018年9月16日
「変わったタイプ」トム・ハンクス 著(新潮社)
「鳥瞰図!」本渡章 著(140B)
「神様の住所」九螺ささら 著(朝日出版社)


2018年8月19日
▼トピックスで紹介した本
「ハタからみると、凪日記」 光浦靖子 著(毎日新聞出版)

▼*秋の夜長にお勧めしたい、厚い本、長い物語*
永江朗さんのおすすめ
「星夜航行」(上)(下) 飯嶋和一 著(新潮社)
光浦靖子さんのおすすめ
「ゲームの王国」(上)(下) 小川哲 著(早川書房)
徳田章アンカーのおすすめ
「1968」(1)文化 四方田犬彦 編(筑摩書房)
「1968」(2)文学 四方田犬彦、福間健二 編(筑摩書房)
「1968」(3)漫画 四方田犬彦、中条省平 編(筑摩書房)


2018年7月15日
「旅先のオバケ」椎名誠著(集英社)
「平城京」安部龍太郎著(角川書店)
「線路つまみ食い散歩」久住昌之著(KANZAN)


2018年6月17日
「日の出」佐川光晴著(集英社)
「あること、ないこと」吉田篤弘著(平凡社)
「タツノオトシゴ図鑑」サラ・ローリー著、曽我部篤訳(丸善出版)


2018年5月20日
「曇天記」堀江敏幸著(都市出版刊)
「モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語」内田洋子著(方丈社)
「事典 和菓子の世界 増補改訂版」中山圭子著(岩波書店)


2018年4月15日
「消滅遺産」ナショナルジオグラフィック 編(日経ナショナルジオグラフィック社)
「昏(くら)い水」マーガレット・ドラブル 著(新潮社)
「イギリス肉食革命」越智敏之 著(平凡社新書)


2018年3月18日
「風神の手」道尾秀介 著(朝日新聞出版)
「微妙におかしな日本語」神永暁 著(草思社)
「お隣りのイスラーム」森まゆみ 著(紀伊國屋書店)


2018年2月18日
「西東三鬼全句集」(角川文庫)
「地下鉄道」コルソン・ホワイトヘッド 著(早川書房)
「花暦」瀬尾英男 著(京阪神エルマガジン社)


2018年1月21日
「ぼくの伯父さん」伊丹十三 著(つるとはな)
「風神雷神」柳広司 著(講談社)
『「日本の伝統」の正体』藤井青銅 著(柏書房)


2017年12月17日〜今年最も心に残った1冊〜
「星の子」今村夏子 著(朝日新聞出版)
「土の記」高村薫 著(新潮社)
「山川静夫の文楽思い出ばなし」山川静夫 著(岩波書店)


2017年11月19日
「60歳からの外国語修行」青山南 著(岩波新書)
「光の犬」松家仁之 著(新潮社)
「幻の黒船カレーを追え」水野仁輔 著(小学館)


2017年10月15日
「埴原一亟 古本小説集」(夏葉社)
「こわいもの知らずの病理学講義」仲野徹 著(晶文社)
「田舎暮らしと哲学」木原武一 著(新潮社)


2017年9月17日
「源氏物語 上巻」角田光代 訳(河出書房新社)
「ヒストリア」池上永一 著(角川書店)
「森の探偵」宮崎学(みやざき・まなぶ)・小原真史(こはら・まさし)著(亜紀書房)


2017年8月21日
「永遠の道は曲がりくねる」宮内勝典 著(河出書房新社)
「愛の縫い目はここ」最果タヒ 著(リトルモア)
「歯痛の文化史」ジェイムズ・ウィンブラント 著、忠平美幸 訳(朝日新聞出版)


2017年7月16日
「夜の谷を行く」桐野夏生著(文芸春秋)
「夜明けの約束」ロマン・ガリ 著、岩津航 訳(共和国)


2017年6月18日
「人生の段階」ジュリアン・バーンズ 著、土屋政雄 訳(新潮社)
「旅に出たナツメヤシ」長坂道子 著(角川書店)
「英絵辞典」 岩田一男・真鍋博 著(筑摩書房)


2017年5月21日
「月の満ち欠け」佐藤正午 著(岩波書店)
「ウニはすごい バッタもすごい デザインの生物学」本川達雄 著(中央公論新社)
「WindowSpace3 窓の仕事学」東京工業大学 塚本由晴研究室 編(フィルムアート社)


2017年4月16日
「男と女の台所」大平一枝 著(平凡社)
「キトラ・ボックス」池澤夏樹 著(KADOKAWA)
「いそっぷ詩」谷川俊太郎 著(小学館)