2015年10月 1日

2015年10月01日 (木)

子どものLGBT 教育現場の対応は?

昨日からお伝えしている「特集LGBT」の2回目。Eテレ「ウワサの保護者会」の司会を務める「尾木ママ」こと、教育評論家の尾木直樹さんと教育現場の対応について考えていきます。
lgbt2_01.jpg

まずはおさらいです。「LGBT」とは、同性を愛するレズビアンやゲイ、両方の性を愛するバイセクシュアル、体と心の性が一致しない性同一性障害など、トランスジェンダーの人たちなどを示す言葉です。電通ダイバーシティ・ラボの調査では、LGBTに該当する人は13人に1人に上るそうです。
 そんな中、尾木ママが注目しているのが「子どものLGBT」。実は、「T」(トランスジェンダー)に含まれる性同一性障害の子どもの場合、小学校に上がる前に、すでに6割が自分の性別に違和感を持っているんだそうです。(岡山大学ジェンダークリニック中塚幹也教授 調べ)
つまり、幼稚園、小学校の段階から対応が求められています。事態を重く見た文部科学省は、今年4月、全国の小中学校と高校に通知を出し、こうした子ども達をきちんと支援するため教職員の研修や医療機関との連携、相談体制の充実などを教育現場に求めています。そうした中、先進的な取り組みが始まって
います。

<「くん」ではなく「ちゃん」で呼ぶ>
lgbt2_02.jpg


かわいいものが大好きでスカート姿がよく似合うみっちゃん(仮名)。体は男の子ですが心は女の子なんです。「みっちゃんは、男の子ですか?女の子ですか?」と聞くと、キッパリ「おんな!」と答えます。
将来は、一緒にキャッチボールをしたいと思っていたお父さんは、みっちゃんに、男の子向けのおもちゃを買い続けました。しかし、ある日、みっちゃんの気持ちが爆発。ありのままのわが子を受け入れる決心をしたのです。「どの電車がいい?って言った瞬間に泣き崩れて、『もうわかってください。みっちゃんはかわいいのが好きだから!お願いします!』って泣き崩れたのが衝撃でした」(母親)
「本人は相当、嫌で嫌でずっと我慢してたんだなとわかって、悪いことしたなと思いました」(父親)
そんな中、みっちゃんの幼稚園では、ご両親と相談し、みっちゃんが過ごしやすいよう、様々な対応を考えました。
① 「くん」ではなく「ちゃん」付けで呼ぶ
② スカートをはくことも認める。
③ トイレは、男子用便器を使うか個室を使うか、みっちゃんの判断に任せる。
幼稚園では、みっちゃんが進学する小学校にもこうした対応のノウハウを伝えていく予定です。
「その子がその子らしく生きていくためにどうしてあげたらいいかなっていう、いちばん根っこのところを改めて考えさせられるというか、きっかけになったことかなと思っています」(みっちゃんが通う幼稚園教諭)

<制服に違和感を感じたら…>
lgbt2_03.jpg

一方、性の違和感に悩む子ども達が中学校に入学する時に直面するのが制服の問題です。
埼玉県新座市は、この問題に早くから取り組んできました。それは7年前のことでした。体が女性であることに違和感を持つAさんが女子の制服を着るのがつらいと担任に打ち明けました。訴えを受け止めた担任の先生は、まず他の先生たちを説得。次にAさんの要望をうけてほかの生徒たちにもAさんの悩みを話しました。さらに保護者会でも説明。Aさんは、こうした協力があって、男子の制服で登校できるようになりました。
「特別扱いとかじゃなく、一人の人として、お前はお前だしみたいな男だから女だからとかじゃなくて、一人の人としてみてくれていたっていうのは、すごい大きいのかなと思いますね」とAさんは当時を振り返ります。
新座市は、これらの経験を踏まえ、こうした生徒にどう向き合うべきか、4年前、具体的にマニュアルとしてまとめました。当時マニュアル作成に参加した教員の一人は「本人からの話もあるでしょうし保護者からの話もあるでしょうし、または、周囲の友人から等の話、いろいろ聞いて悩みの深さとか困り度をきちっと把握することが必要だと思いますね」と話します。

<子どものLGBTをどう見守るのか>
lgbt2_04.jpg

尾木ママは、「特に幼いお子さんの場合は、ある程度成長するまで、LGBTと決めつけずに経過を見守ることも大切だ」と語ります。その理由として挙げているのが、LGBTだけではない「Q」という状態の存在です。Qとは、クエスチョニングのQ、「迷っている」という意味で、心の性や恋愛対象の性があいまいだったり、揺れ動いている状態のことを指します。
「いずれにしても、大切なのは、親子それぞれが抱える苦痛をとりのぞくために、教育現場や医療機関を初めとした社会全体のサポートが必要。そもそも教育とは1人1人に寄り添うべきものだから」と尾木ママは強調しています。

■「性同一性障害」に関するメンタルヘルスの専門職を置いている医療機関
○あべメンタルクリニック(千葉県)
047-355-5335 
○大阪医科大学附属病院(大阪府)
072-683-1221
○岡山大学病院(岡山県)
086-223-7151
○関西医科大学附属滝井病院(大阪府)
06-6992-1001
○彩の国みなみのクリニック(埼玉県)
048-883-4591
○札幌医科大学附属病院(北海道)
011-611-2111
○さとうクリニック(岡山県)
086-943-0880
○ちあきクリニック(東京都)
03-5754-5678
○長崎大学病院(長崎県)
095-819-7200
○はりまメンタルクリニック(東京都)
03-5281-4800
○福岡大学病院(福岡県)
092-801-1011
○幹メンタルクリニック(北海道)
011-622-2525
○山本クリニック(沖縄県)
098-879-3303

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:17:50 | カテゴリ:シブ5時 | 固定リンク


2015年10月01日 (木)

ジモンのギモン~災害救助の舞台裏~

みなさんこんにちは。
キャスターの寺門亜衣子です。

先日の関東・東北豪雨災害。
屋根から手を振って助けを求める人。
電柱にしがみついて救助を待つ人。
テレビに映し出された濁流に覆われた町を見て息をのんだ人も多いと思います。

今回の「ジモンのギモン」では、この時現場で救助活動にあたった
陸上自衛隊のヘリコプター部隊を取材しました。

「ホバリング」という空中で静止した状態を保つ技術の訓練に参加させてもらうため、
私も人生で初めてヘリコプターに乗りました。
この日は雨が降っており、上空は寒いということで、防寒のために上着を借りることに。
皆さんが着るとジャストサイズなのに、私が着たらこんなにダボダボ…。
津屋解説委員の「パジャマみたい」という言葉に思わず苦笑い。
jimon1001_01.jpg

そして実際にこの「ホバリング」を体験してびっくり。
地上で止まっている時とほとんど変わらないんじゃないかと思うほどの安定感で、
ピタリと同じ場所に静止。
この状態で隊員がケーブルを伝って降下し、救助を待つ人の下に駆けつけます。

ここで欠かせないのが操縦士と乗っているすべての隊員の連携プレー。
しかし、機内はエンジンやプロペラの音でお互いの声を聞くことはほとんど不可能!
手信号やアイコンタクトでお互いの意図を汲み取り、コミュニケーションを図っていたのです。
スピーディーかつ無駄のない動きで着々と救助活動が進んでいく様子に、
私はただただびっくり。
このチームワークはどうやって生まれるんだろう!
よくよく観察して見ると、訓練の時は当然緊張感で張り詰めた空気。
しかしいったん訓練が終わると、皆さん本当に仲が良く、冗談を言い合ったりして笑顔が絶えないのです。
オンとオフの切り替え。勤務時間外では、上下関係を超えて積極的にコミュニケーションを図り、何でも言い合える雰囲気を作る。「シブ5時」チームも見習わないと!!

こうした日々の訓練があって初めて、災害現場で皆さんの力が発揮され、
一人でも多くの人命救助につながるのだということを肌身で感じました。

陸上自衛隊・北宇都宮駐屯地の皆さん、ご協力どうも有り難うございました!
jimon1001_02.jpg

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:17:25 | カテゴリ:シブ5時 | 固定リンク


2015年10月01日 (木)

☆10月2日(金)☆ シブ5時芸能部!撮影こぼれ話⑤

スタッフのTです。
10月2日(金)の放送のテーマは「男性アイドル」のトレンド。
ジャニーズアイドルの注目株・A.B.C-Zの皆さんを取材し、現代の“男性アイドル”って、どうなってるの?という疑問をシブ5時流に解説します。
いよいよ明日が放送日です!ぜひ、リアルタイムでご覧いただけると嬉しいです。

明日が放送ということで、シブ5時の「5」、A.B.C-Zのメンバー数「5」とかけて5日間連続で更新してきたこのこぼれ話ブログは、ひとまずは今日でおしまい。皆様、ありがとうございました!

最後のこぼれ話は、A.B.C-Zが語るグループの今後について。
撮影では、結成8年目を迎えたA.B.C-Zの皆さんに、これからの目標を訪ねました。

「ファンの皆さんと僕たち自身が楽しんで、それが色んな人に伝わって沢山の人に愛されるグループになっていきたい」(戸塚祥太さん)
「ライブとかコンサートで色んなところを回りたい!」(五関晃一さん)
「先のことが分からないので、今をがんばろうと思ってます。この勢いで!」(橋本良亮さん)
「もっともっと売れたい!どの地域に行っても、A.B.C-Zひとりひとりの名前が知ってもらえるような存在に。」(河合郁人さん)
「先輩の近藤真彦さんが35周年。少年隊さんが30周年で、V6さんが20周年!僕たちもそれぐらい長く続けていけたら」(塚田僚一さん)

戸塚さんは、笑顔で「いただいたお仕事全部やりたいと思います!」ともコメント。
その言葉を聞いた塚田さんが突然「仕事選ばずにね!なんでもね!チャレンジする、大事なこと!」と熱く語り出す一幕も。「暑苦しいよ…」と苦笑いを見せた戸塚さんですが、塚田さんの言葉に納得していた様子。
グループを大きく成長させよう!という姿勢を忘れない、メンバー全員が前向きなA.B.C-Zの皆さんでした。今度はぜひ、シブ5時のスタジオにも遊びに来てくださいね〜!!

シブ5時芸能部!
 A.B.C-Zの皆さんの出演は、
10月2日(金)16:50〜18:10
NHKニュース シブ5時内で放送の予定です。
※放送予定は急遽変更になることがあります。

グループの強みは何?メンバーそれぞれの役割は?など、A.B.C-Zを初めて見る方にも分かりやすいVTRです♩ぜひ、チェックしてくださいね!
また、感想メールや、番組へのメッセージもお待ちしています。
twitterの方は、ハッシュタグ#シブ5時をつけて…どうぞ、よろしくお願いします!

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:12:00 | カテゴリ:シブ5時 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2015年10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

バックナンバー


RSS

page top