2015年8月27日

2015年08月27日 (木)

夏の栄養食!ナッツのハチミツ漬け(ハニーナッツ)を紹介しました

今日のSoLTコーナーでは、夏の疲労回復に効く「ナッツのハチミツ漬け」を紹介しました。
今ネット上では、ナッツのハチミツ漬けを使ったおいしい料理を、写真付きで投稿するのがじわじわブーム。
そのままパンにのせたり、クリームチーズと和えたり、ヨーグルトにかけたり。使い方は無限大。
マスタードと混ぜれば、ハニーマスタードナッツのドレッシングが完成。野菜にも肉にも合う調味料に仕上がります。
honeynuts_01.jpg

▼ナッツ+ハチミツで疲労回復!(慶応大学医学部教授・小林浩義さんの話)
ナッツのハチミツ漬けは、脳と心臓で消費される糖(ハチミツ)と、肉体で消費される脂質(ナッツ)を同時に、しかもおいしく補給できるので、疲れた体に最適。1週間ほど漬け置くことで、ナッツの消化が良くなり、別々に食べるよりも効率的に栄養を吸収できます。
honeynuts_02.jpg

▼材料(ネット上に掲載されている代表的なもの)
材料はナッツとハチミツのみ。
ナッツは、お好みのものを使います。アーモンド、くるみ、カシューナッツ、ピスタチオ、ヘーゼルナッツ等、好きなものを用意してください。生のものでも煎ったものでもかまいません(煎ると香ばしい風味がハチミツにも付くそうです)。またネットでは、無塩のナッツで作るレシピも、塩味のナッツで作るレシピもあるので、好みによって使い分けてください。
同じように、ハチミツの種類も何でもOK。自分好みの「ナッツ×ハチミツ」の組み合わせを見つけてください。

▼作り方
熱湯で消毒した瓶の中に、ナッツをお好みの量入れます。そこへハチミツを注ぎ入れ、ふたをして密閉。そのまま1週間置くと完成です。密閉したままであれば、常温で3年もちます。封を開けたら、冷暗所に保存し、早めに食べ切るようにしてください。
honeynuts_03.jpg

ちなみに、「8月27日はハニーナッツの日」説は、シブ5時のローカルルールです(←発見したのは寺門キャスター)。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:10 | カテゴリ:シブ5時 | 固定リンク


2015年08月27日 (木)

「きょうのギョちそう マゴチのぶっかけそうめん」レシピ

「マゴチのぶっかけそうめん」
gyo_14.jpg
【材料】(4人分)
◇マゴチ(切り身)・・・120g程度 
◇そうめん・・・4ワ(200g)
◇卵(中)・・・1個
◇青じそ・・・4枚
◇パプリカ・・・1/2個
◇みょうが・・・2個
◇きゅうり・・・1本
◇トマト・・・1個 ※お好みの野菜で可能
◇片栗粉・・・適量

<そうめんつゆ>
◇水・・・3カップ
◇顆粒(かりゅう)だしの素(もと)・・・大さじ2
◇昆布・・・10g
◇酒・・・大さじ3
◇みりん・・・・大さじ3
◇しょうゆ・・・大さじ1
※市販のそうめんつゆで可能

【作り方】
(1)まず、そうめんつゆを作ります。水に、だし昆布を入れ沸騰したら顆粒だしの素を加え、酒、みりん、しょうゆで味を調えます。  
(2)マゴチの切り身(※刺身用)に片栗粉をまぶしておきます。
(3)鍋にそうめんつゆを適量取り分け、マゴチを軽く煮て、冷ましておきます。
(4)器にそうめんつゆをはり、ゆでたそうめんとお好みの切った野菜や薄焼きたまごを盛りつけ、その上にマゴチをのせます。
(5)最後にマゴチを煮たつゆをかければ完成です。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:18:05 | カテゴリ:レシピ紹介 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2015年08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バックナンバー


RSS

page top