シブ5時

2019年07月05日 (金)

シェフのヒトワザ!~冷しゃぶイタリアーノ~

「本日の料理人」

yasuisan.jpg

安井レイコ(料理研究家・「日本鍋文化研究所」顧問研究員)

reisyabu.jpg

「冷しゃぶイタリアーノ」

<材料2人分>
豚もも肉:(しゃぶしゃぶ用)200g
にんにく:1かけ
白ワイン:少々
オリーブ油:少々
固形コンソメスープの素:1/2コ
水:500ml
お好みの生野菜:適量
(レタス、きゅうり、トマト、レモンなど)

<作り方>
(1)鍋に水を入れて強火にかけ、白ワイン、オリーブ油、固形コンソメスープの素を入れて沸騰直前になったら弱火にする。
(2)薄切りにしたにんにくと、豚肉を1枚ずつ入れ、ふたをして2分間弱火にかける。
   <ヒトワザ!>鍋のスープは、沸騰前に弱火にして豚肉をIN!アクが出にくく、豚肉がやわらかく仕上がる。
(3)2分経ったら、ふたを開けずに火を止めて、そのまま粗熱をとる。
(4)20分後、粗熱がとれたら鍋に氷を入れて冷やし、食べやすい大きさに切ったお好みの生野菜を盛りつけて完成。
   トマトだれやお好みのドレッシングで召し上がれ。

tomato.jpg

「トマトだれ」

トマトの水煮(缶詰・カットタイプ):1/2缶(約220g)
にんにく:1かけ
たまねぎ:10g
パセリ:1/2本(約3g)
黒オリーブ(種なし):4コ(※なければ省いてもよい)
赤とうがらし(種を除く):1/2~1本
塩:小さじ1/4
黒こしょう:少々
レモン汁:小さじ1/2

<作り方>
(1)トマトの水煮をボウルに入れ、そこにみじん切りにしたたまねぎ、パセリ、黒オリーブ、赤とうがらしを加える。
   にんにくはすりおろして入れる。
   (※にんにくと赤とうがらしは辛いので、お好みで量を調整する。)
(2)(1)に塩、黒こしょう、レモン汁を入れ、全体を混ぜたら完成。
(3)豚肉とレタスで、トマトだれを巻いて食べるのがおすすめ。

tomato2.jpg

鍋のしめ「トマトのスープパスタ」

<作り方>
(1)鍋は具を食べ、スープを残しておく。鍋を火にかけ、沸騰させる。
(2)沸騰したらトマトの水煮(缶詰)を入れ、スパゲッティ(乾)を半分に折って鍋に入れる。袋の表示時間通りに煮込む。
   <※ポイント!>スパゲッティはスープにひたるくらいの量を煮込む。
(3)最後にパルメザンチーズをたっぷりかけて召し上がれ。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:17:55 | 固定リンク


2019年06月28日 (金)

シェフのヒトワザ!~うなぎと梅干しの鍋~

「本日の料理人」

yasuisan.jpg

安井レイコ(料理研究家・「日本鍋文化研究所」顧問研究員)

unagi.jpg

「うなぎと梅干しの鍋」

<材料3~4人分>
うなぎのかば焼き(市販):1匹分
梅干し:2コ
かば焼きのたれ:大さじ4
(なければ、しょうゆ大さじ3、みりん大さじ3をあわせて代用する)
水菜:100g
ねぎ:1本
えのきだけ:100g
絹ごし豆腐:100g
昆布(10cm角):2枚
酒:大さじ2
塩:一つまみ(梅干しの塩分によって適量)
水:800ml

<作り方>
(1)うなぎは4等分に切る。水菜は10cmの長さに切る。ねぎは斜め切りにする。
   えのきだけは根元を取り落としてほぐす。豆腐は1cmの厚さに切っておく。
(2)土鍋に水を入れ、昆布、梅干しを入れて、強火にかける。
   <※ヒトワザ!>うなぎ鍋のだしには梅干しを使う!さっぱりとしたスープになり、うなぎが食べやすくなる。
(3)沸騰したら弱火にし、酒、かば焼きのたれ、塩を入れる。(1)の食材を入れてふたをし、5分間火にかける。
   <※ポイント!>土鍋は保温効果が高いので、加熱は短時間でOK。余熱で野菜に火が通る。
(4)火から下ろし、食卓に運んでできあがり。
(5)鍋のしめには、ごはんに鍋のスープをかけた「だし茶漬け」がおすすめ。

dashi.jpg

「だし茶漬け」

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:17:55 | 固定リンク


2019年06月27日 (木)

シェフのヒトワザ!~サプライズ肉料理 豚バラリング~

「本日の料理人」

takedasan201805.jpg

たけだバーベキュー(アウトドア料理研究家)

nikuring.jpg

 danmen.jpg 

「豚バラ肉の肉リング」

<材料バウムクーヘン直径15センチ分> 
バウムクーヘン:15センチ程度 
豚バラ肉:12枚(長め)
塩:少々
黒こしょう:少々

<作り方>
(1)バウムクーヘンに豚バラ肉を巻く。中身が隠れるように肉を少しずつ重ねて巻く。
(2)巻き上がったら、塩、黒こしょうで味付けする。
(3)魚焼きグリルで、10分間焼く。
   両面にこんがりと焼き目がつき、肉に火が通れば完成。

※片面焼きの場合は途中裏返す。
※バナナやマスカットの肉巻きも同じように調理。

「豚バラ肉巻き(バナナ)」

<材料 バナナ1本分> 
バナナ:1本
豚バラ肉:2枚(長め)
塩:少々
黒こしょう:少々

「豚バラ肉巻き(マスカット)」

<材料 マスカット1粒分> 
マスカット:1粒
豚バラ肉:1枚(長め)
塩:少々
黒こしょう:少々

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:17:55 | 固定リンク


2019年06月26日 (水)

シェフのヒトワザ!~サプライズ肉料理 シシカバブ~

「本日の料理人」

takedasan201805.jpg

たけだバーベキュー(アウトドア料理研究家)

shishikababu.jpg

「アルミホイルでシシカバブ」

<材料4本分> 
合いびき肉:150g
たまねぎ:1/2個
パプリカ(赤):1/2個
塩:少々
こしょう:少々

【味付け】
カレー粉:小さじ1
にんにく(おろし):小さじ1

アルミホイル 

<作り方>
(1)パプリカを5ミリ角に切る。
(2)たまねぎをみじん切りにする。
(3)ボウルに合いびき肉とカットした野菜を入れ、塩、こしょう、にんにく、カレー粉を加える。
(4)肉に粘りが出まで混ぜる。
(5)アルミホイルで串を4本つくり、肉だねを包むためのアルミホイルを4枚用意する。
   どちらもサラダ油をぬっておく。
(6)アルミホイルの串に(4)の肉だねを巻き付ける。
   ※肉だねが手につかないようにサラダ油を手につけるとよい
(7)それぞれアルミホイルで包み、両端をキャンディのようにねじって閉じる。
(8)天板の上にアルミホイルで包んだ肉だねをのせて、トースターで15分間加熱する。
   ※肉汁が出るので天板は必ず利用する

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:17:55 | 固定リンク


2019年06月21日 (金)

シェフのヒトワザ!~トマトときゅうりのカラフル冷やし中華~

「本日の料理人」

natuisan201807.jpg

夏井景子さん(料理研究家)

hiyashicyuka.jpg

「トマトときゅうりのカラフル冷やし中華」

<材料各1人分> 
中華麺(生):各1玉

【すりおろしきゅうり】
きゅうり:1本
めんつゆ(3倍濃縮):大さじ2
ごま油:小さじ2
酢:小さじ1
※調味料の代わりに冷やし中華(市販)に添付されている「しょうゆだれ」でも可。

【すりおろしトマト】
トマト:1コ(約170g)
ごまだれ:50ml

(トッピング)
ゆで卵・アボカド・大葉・みょうが 各適宜

<作り方>
(1)トマトはヘタを除いて皮のまますりおろす。きゅうりもヘタを切り、丸ごとすりおろす。
   <※ヒトワザ!>トマトときゅうりはすりおろす!細かくなると香りも良くなり、麺が食べやすくなる。
(2)すりおろしたトマトときゅうりに、それぞれ調味料を加えて味付けをする。
(3)(2)に、ゆでて水にさらし、水けをきった中華麺を1玉ずつ加えてあえる。
   <※ポイント!>たれを麺にかけるのではなく事前にあえることで、味も色も全体になじむ。
(4)器に盛りつけ、トッピングを添えたら完成。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:17:55 | 固定リンク


2019年06月20日 (木)

シェフのヒトワザ!~青じそのジェノベーゼそうめん~

「本日の料理人」

natsuisan201906.jpg

夏井景子(料理研究家)

aojisosoumen.jpg

「青じそのジェノベーゼそうめん」

<材料1人分>
青じそ:10枚
くるみ(無塩):大さじ2
ツナ(缶詰/油漬け):1/2缶
オリーブ油:大さじ2
塩:小さじ1/3
酢:大さじ1/2
そうめん:100g

【トッピング】
なす(揚げたもの):1/2本
トマト:1/2コ
スナップえんどう(ゆで):2本

<作り方>
(1)青じそとくるみはなるべく細かいみじん切りにし、大きめのボウルに入れる。
(2)(1)にオリーブ油、塩、油をきったツナ、酢を加えてよく混ぜる。
   <※ヒトワザ!>隠し味に「酢」。くるみやオリーブ油、ツナの油をさっぱりとさせ、引き締まった味に。
(3)(2)に、ゆでて冷やしたそうめんを加え、よくあえる。
(4)器に盛り、揚げなす、トマトなどお好みの野菜をトッピングして完成。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:17:55 | 固定リンク


2019年06月19日 (水)

シェフのヒトワザ!~夏野菜のマーボー麺~

「本日の料理人」

natsuisan201906.jpg

夏井景子(料理研究家)

mabomen.jpg

「夏野菜のマーボー麺」

<材料1人分>
豚ひき肉:100g
きゅうり:1/2本
トマト:1/2コ
にんにく(みじん切り):1/2かけ分
しょうが(みじん切り):1/3かけ分
細ねぎ(小口切り):適量
そうめん:100g
ごま油:小さじ2
豆板醤(トーバンジャン):小さじ1/4
きび糖:小さじ1
しょうゆ:小さじ1
みそ:小さじ1と1/2
水:80ml
かたくり粉:小さじ1
黒こしょう:適量

<作り方>
(1)きゅうりは縦半分にし、斜め薄切りに。トマトはザク切りにする。
(2)フライパンにごま油をしき、豆板醤、にんにく、しょうがを入れ、強火で炒める。
   香りが出てきたら、豚ひき肉を加えて中火にし、色が変わるまで炒める。
(3)きゅうりを加え、しんなりするまで、4分ほど炒める。
   <※ヒトワザ!>具の主役はきゅうり。しっかり炒めると、青臭さが抜け、豚肉の脂となじむ。
(4)トマトを加えて炒める。
   <※ポイント!>トマトは加熱しすぎない
(5)きび糖、しょうゆ、みそ、水を加え、水でみそを溶く。
   黒こしょうをふり、水溶きかたくり粉を加え、ひと煮立ちしたら、ゆでたそうめんにのせる。
(6)お好みで細ねぎを散らして完成。全体をあえながら召し上がれ。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:17:55 | 固定リンク


2019年06月14日 (金)

シェフのヒトワザ!~すき焼き風ふわふわオムレツ~

「本日の料理人」

teradasan201906.jpg

寺田真二郎(料理研究家)

sukiyakiomuretsu.jpg

「すき焼き風ふわふわオムレツ」

<材料4人分> 
卵:4個
はんぺん:1枚
えのきだけ(4等分):1/3袋
だし(顆粒かりゅう):小さじ1
サラダ油:大さじ1と1/2

【トッピング用】
牛肉(薄切り):100g(5cm幅)
ねぎ:1/2本(斜め薄切り)
水溶き片栗粉(水、片栗粉):各小さじ1/4

しょうゆ:小さじ2
砂糖:小さじ2
みりん:小さじ1

青じそ:2枚(半分に切る)
いりごま(白):適量
マヨネーズ:適量

<オムレツの作り方> 
(1)ボウルに卵、えのきだけ、だしを入れて、混ぜる。
(2)はんぺんを袋のまま細かくつぶし、(1)に加えて混ぜる。
(3)サラダ油を中火にかけたフライパンで熱し、(2)をいれる。
(4)混ぜずにごく弱火にし、フタをして片面を5分焼く。
(5)裏返し、さらにふたをし3分焼けば、ふわふわオムレツの完成。
fuwafuwaomuretsu.jpg
(6)お好みで、青じそ、すき焼き味の肉、ごま、マヨネーズをトッピング

<トッピング:すき焼き味の肉の作り方>
(1)フライパンにサラダ油をいれ、牛肉とねぎを炒め、牛肉に焼き色がついたら、
   砂糖、みりん、しょうゆで味付けする。
(2)ふつふつとしてきたら、水溶きかたくり粉を加え、とろみをつけ、肉につやを出す。
   ※少量の水溶きかたくり粉を加えると、水っぽさも抑えることができる。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:17:55 | 固定リンク


2019年06月12日 (水)

シェフのヒトワザ!~インスタント麺で作るイタリアンあんかけかた焼きそば~

「本日の料理人」

teradasan201906.jpg

寺田真二郎(料理研究家)

katayakisoba.jpg

「インスタント麺で作るイタリアンあんかけかた焼きそば」

<材料4人分> 
インスタント麺(塩味):2袋
トマトの水煮缶(カットタイプ):300g
ツナ缶(小):1缶
カット野菜:1袋
にんにく(すりおろし):小さじ1
水:760ml
水溶きかたくり粉(水、かたくり粉):各大さじ3
オリーブ油:大さじ6
粉チーズ:適量
ドライバジル:適量

<作り方> 
(1)フライパンでインスタント麺の表示の分量の水で麺をゆでる。
   ※ゆで時間は表示のゆで時間の半分
(2)ゆであがったら、鍋にざるをセットして、麺とゆで汁に分ける。
   ※ゆで汁は捨てずに残しておく。
(3)フライパンにオリーブ油をいれ中火で熱し、麺を広げて揚げ焼きにする。
(4)両面がこんがり焼けたら、食べやすく4等分に切り、器に盛る。
(5)残しておいたゆで汁にトマトの水煮、ツナ、にんにく、インスタント麺のスープの素をいれ中火にかけ、
   沸騰させたら、カット野菜を加える。
(6)野菜がしんなりする前に水溶きかたくり粉でとろみをつける。
   ※早めに水溶きかたくり粉を加えると、野菜のシャキシャキ感が残る。
(7)(6)に火が通ったら、揚げ焼きした麺にかけ、仕上げに粉チーズをトッピングして、完成。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:17:55 | 固定リンク


2019年06月07日 (金)

シェフのヒトワザ!~煮込みハンバーグ~

「本日の料理人」

makosan.jpg

Mako(家庭料理研究家)

nikomi.jpg

「煮込みハンバーグ」

<材料4人分>
【ハンバーグのタネ】
合いびき肉(牛・豚):500g
たまねぎ(中):1コ
にんじん:1/2本
にんにく:1かけ
卵:1コ
牛乳:50cc
パン粉:1/2カップ
塩:小さじ1/2
黒こしょう:小さじ1
しょうゆ:適量
ナツメグ:適量

【ソース】
カットトマト(缶):400g
赤ワイン:200cc
ケチャップ:大さじ4
とんかつソース:大さじ3
ローリエ:2枚
バター:20g

オリーブ油:適量

<作り方>
(1)たまねぎはみじん切り、にんじん・にんにくはすりおろす。
(2)大きめのボウルに(1)のたまねぎ・にんじん・にんにくを入れ、
   卵・牛乳・パン粉・塩・黒こしょう・しょうゆ・ナツメグを加えて、全体をよく混ぜ合わせる。
(3)しっかり混ざった(2)のボウルにひき肉を入れ、練りすぎないように混ぜる。
   <※ヒトワザ!> つなぎの材料を先に混ぜて、肉は練りすぎない!
   ⇒練りすぎないことで肉が縮まず、ふっくら仕上がる
(4)混ざったタネを、好みの大きさに分けて成型する。
(5)やや深めのフライパンにオリーブ油を中火で熱し、タネを入れ片面にしっかり焼き目がつくように焼く。
(6)タネを裏返したら、フライパンにソースの材料(カットトマト・赤ワイン・ケチャップ・とんかつソース・ローリエ)
   を入れ、沸騰させたらふたをして弱火で10分ほど煮る。
(7)仕上げにバターを溶かしたら、盛り付けて完成。

投稿者:シブ5時 スタッフ | 投稿時間:17:55 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー


RSS

page top