2013年1月~2022年9月

(%)

メモリ
内閣支持率

グラフは横にスクロールできます

2022年9月(9月12日更新)

内閣支持40%、不支持40%(NHK世論調査)

NHKは、今月9日から3日間、全国の18歳以上を対象にコンピューターで無作為に発生させた固定電話と携帯電話の番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。

調査の対象となったのは、2392人で、53%にあたる1255人から回答を得ました。

岸田内閣を「支持する」と答えた人は、先月の調査より6ポイント下がって40%だったのに対し、「支持しない」と答えた人は12ポイント上がって40%でした。

また「支持する」と答えた人の割合は、先月の調査に続き、岸田内閣発足後最も低くなりました。

支持する理由では、「他の内閣より良さそうだから」が42%、「支持する政党の内閣だから」が25%、「人柄が信頼できるから」が17%などとなりました。

支持しない理由では、「政策に期待が持てないから」が36%、「実行力がないから」が29%、「支持する政党の内閣でないから」が12%などでした。

そのほかの質問

岸田総理大臣が先月行った内閣改造と自民党の役員人事を評価するか尋ねたところ、「大いに評価する」が2%、「ある程度評価する」が32%、「あまり評価しない」が40%、「まったく評価しない」が16%でした。

新型コロナウイルスをめぐる政府のこれまでの対応について、「大いに評価する」が5%、「ある程度評価する」が53%、「あまり評価しない」が28%、「まったく評価しない」が9%でした。

すべての新型コロナの感染者を対象とする「全数把握」を見直し、詳しい情報の把握を重症化リスクが高い人に限定する措置に対しては、「賛成」が51%、「反対」が30%でした。

詳しい分析をみる

新型コロナの感染者の「全数把握」の見直しについて支持政党別に見ますと、与党支持層では「賛成」が66%に上り、「反対」の22%を上回りました。
一方、野党支持層と無党派層では「賛成」がともに40%台、「反対」が30%台後半で、意見が分かれています。

年代別に見ますと、「賛成」と答えた人の割合は若い人より高齢層で低くなり、30代まででは71%だったのに対し、60代では51%、70歳以上では43%でした。

感染者の自宅などでの療養期間を短縮したことについて、「評価する」が69%、「評価しない」が19%でした。

政府が、今月27日に安倍元総理大臣の「国葬」を行うことへの評価を聞いたところ、「評価する」が32%、「評価しない」が57%でした。

詳しい分析をみる

安倍元総理大臣の「国葬」については、実施の方針が決まった7月調査では「評価する」が「評価しない」を上回っていましたが、「評価しない」は7月の38%から8月は50%、9月は57%と増え続けました。

支持政党別で見ますと、与党支持層では「評価する」が52%で「評価しない」の39%を上回っています。
一方、野党支持層と無党派層では「評価する」は20%前後にとどまり、「評価しない」が70%台を占めています。

男女別で見ますと、「評価しない」と答えた人は男女とも半数を超え、女性では60%と男性の54%より多くなっています。

年代別に見ますと、30代まででは「評価する」と「評価しない」がともに40%台で割れているのに対し、40代以上では「評価しない」が60%前後から70%に上り、「評価する」を上回りました。

「国葬」についての政府の説明は十分だと思うか尋ねたところ、「十分だ」が15%、「不十分だ」が72%でした。

自民党は、今後、旧統一教会や関連団体と一切関係を持たないことを基本方針とし、党所属の国会議員との関係を点検して公表しましたが、自民党の対応は十分だと思うか尋ねたところ、「十分だ」が22%、「不十分だ」が65%でした。

詳しい分析をみる

旧統一教会の問題への自民党の対応について支持政党別に見ますと、「十分だ」と答えた人は自民支持層でも35%にとどまり、「不十分だ」の56%のほうが多くなっています。
一方、野党支持層では「不十分だ」が81%、無党派層では74%を占め、「十分だ」はどちらも13%でした。

年代別に見ますと、30代まででは「十分だ」が41%、「不十分だ」が51%で意見が割れていますが、40代以上では「不十分だ」が60%台後半から70%台半ばを占め、「十分だ」を大きく上回っています。

原子力発電所をめぐって、政府が次世代の原子炉の開発や建設を検討する方針を示したことをどう思うか尋ねたところ、「賛成」が48%、「反対」が32%、「わからない、無回答」が20%でした。

日中国交正常化から今月29日で50年の節目を迎える中、日本と中国の関係を今後どうすべきか聞いたところ、「関係を強化すべきだ」が11%、「関係の強化には慎重であるべきだ」が55%、「どちらともいえない」が28%でした。

政党支持率(%)

政党名
自民党 36.2
立憲民主党 4.8
日本維新の会 5.1
公明党 2.9
共産党 2.5
国民民主党 2.1
れいわ新選組 1.5
社民党 0.4
NHK党 0.4
参政党 1.6
その他の政治団体 0.2
特に支持している政党はない 34.9
わからない、無回答 7.4

調査概要

調査期間 9月9日(金)〜11日(日)
調査方法 電話法(固定・携帯RDD)
調査相手 全国18歳以上 2,392人
回答数(率) 1,255人(52.5%)