NHKでは、今年1月から3月にかけて、すべての地方議員を対象にアンケート調査を行いました。なぜ、このような調査をしたのか?それは、地方議会の危機が抜き差しならない事態を迎えていると思うからです。議員の「なり手不足」の問題が深刻化する一方、耳を疑いたくなるような議員の言動や不祥事も後を絶ちません。アンケートに回答していただいたのはおよそ2万人。現場の本音に耳を傾けてもらえないでしょうか。

何歳の時に初めて選挙に立候補しましたか?

初めて当選したのは何歳ですか?

議員になりたいと初めて思った年代はいつですか?

議員になるきっかけとして当てはまるものはありますか?

議員に初当選する以前の経歴・職歴で当てはまるものはありますか?

選挙に初めて立候補する際、家族の理解を得るのは大変でしたか?

自身の活動を有権者に知ってもらうために、以下の活動をどの程度実施していますか?

政策や活動の優先順位を決める際に、以下の項目をどの程度重視していますか?

自身の選挙運動の際に、以下の活動をどの程度重視していますか?

以下の議員の活動に、どの程度やりがいを感じますか?

選挙についてどう思いますか?

議員についてどう思いますか?

議会についてどう思いますか?

自身のスタンス・考えについてどう思いますか?

なり手不足解消に何が必要だと思いますか?

出身地は、選挙区内ですか?