選挙データベース

2017 衆院選

自民党

第48回衆議院選挙は10月22日に投票が行われ、自民党は単独で選挙前の284議席に並ぶとともに、公明党と合わせて憲法改正の発議に必要な全議席の3分の2を上回る313議席を獲得して圧勝しました。一方、野党側は、立憲民主党が選挙前の3倍を超える55議席を獲得して野党第1党に躍進し、衆議院で予算を伴う法案を提出できる51議席を上回りました。

獲得議席

各党の獲得議席は以下のとおり。▽自民党は、追加公認した3人を含めると、小選挙区218議席、比例代表66議席の合わせて284議席、▽立憲民主党は、追加公認した1人を含めると、小選挙区18議席、比例代表37議席の合わせて55議席、▽希望の党は、小選挙区18議席、比例代表32議席の合わせて50議席、▽公明党は、小選挙区8議席、比例代表21議席の合わせて29議席、▽共産党は、小選挙区1議席、比例代表11議席の合わせて12議席、▽日本維新の会は、小選挙区3議席、比例代表8議席の合わせて11議席、▽社民党は、小選挙区1議席、比例代表1 議席の合わせて2 議席、▽日本のこころと新党大地は議席を確保できませんでした。また無所属は、自民党と立憲民主党が追加公認した4人を除いて、小選挙区で22人が当選しました。

また、自民・公明両党と憲法改正に前向きな希望の党、日本維新の会の獲得議席は、全議席の4分の3を上回りました。

女性の候補者は209人で47人が当選しました。前回(平成26年)の選挙の45人と比べて2人増加。

安倍総理大臣 枝野代表・小池代表

安倍総理大臣は「与党に過半数を与えていただいたということは、安定した政治基盤のもとに政治を前に進め、結果を出せという国民の声だと考えている。その期待に応え、1つ1つ結果を出していくことに全力を尽くしていきたい」と述べました。

立憲民主党の枝野代表は、記者会見で、「国民の声をしっかりと受け止める仕組み作りを勝ち上がった仲間と一緒に早急に進めていきたい」と述べました。

選挙前の57議席を下回った希望の党の小池代表は、「安倍一強政治に対する受け皿と考えていたが、残念ながら、受け皿というより、むしろ皆さんからの批判をいただく対象になったことは、悔やんでいるところがたくさんある。今回は完敗ということをはっきり申し上げたい」と述べました。

公明党は小選挙区・比例代表を合わせて29議席で、神奈川6区で議席を失うなど、選挙前の34議席を下回りました。公明党が小選挙区で議席を失ったのは平成21年の衆議院選挙以来。共産党は小選挙区の議席を維持しましたが、比例代表で議席を前回より半数近く減らしました。日本維新の会は選挙前の14議席を下回りました。

投票率は戦後2番目に低く 期日前投票は過去最多

台風21号の影響で、松山市や佐賀県唐津市、山口県萩市などでは、離島から投票箱を開票所に運ぶことができないなどの理由で開票作業が延期されました。このため開票結果の確定が23日にずれ込みました。

最終の投票率は53.68%で、戦後最低だった前回(平成26年)の選挙に次ぐ、2番目に低い投票率になりました。都道府県別で最も投票率が高かったのは山形県の64.07%、最も低かったのは徳島県の46.67%。前回に比べて投票率が上がったのは37の道と県で、投票率が下がったのは10の都府県でした。

投票率の推移

今回の衆院選で期日前投票をした人は、全有権者の20.10%に当たる2137万9982人で過去最多になりました(総務省まとめ)。前回(平成26年)の選挙より822万6997人増えました。都道府県別では、東京都が225万4489人で最も多く、次いで、神奈川県が138万9241人、愛知県が130万5962人などとなっています。また、秋田県で期日前投票をした人の割合は全投票者数の半数を超え、全国で最高の52.8%になりました。総務省のデータによると、国政選挙の期日前投票の割合が半数を超えるのは、現在の制度が導入されてから全国の都道府県で初めてでした

選挙権年齢が引き下げられて初の衆院選となった今回、18歳と19歳の投票率(速報値)は41.51%で、全体の最終投票率を12.17ポイント下回りました。総務省が全国4万7741か所の投票区の中から、標準的な投票率を示している188の投票区を抽出、その投票状況を基に18歳と19歳の投票率の速報値を算出しました。18歳は50.74%、19歳は32.34%でした。

開票結果

衆院選結果

画像をクリックすると詳しい開票結果がご覧になれます