秋田市長選
候補者アンケート

このサイトについて
NHKは、4月4日に行われる秋田市長選挙の立候補者の主張・訴えを紹介するため、候補者にアンケートしました。アンケートでは、候補者の横顔や今の市政の評価に加え、新型コロナウイルス対策や人口減少対策といった政策面の訴えなどについて質問を行いました。このサイトでは各候補者の回答をお伝えします。

候補者の横顔

たけうち のぶふみ

武内 伸文

無|新|49歳
元秋田市議会議員
秋田市長を志す理由
市民が誇りを持てる秋田の未来のため、スピード感・チャレンジ精神・民間活用に秀でたリーダーが必要
趣味・特技
ご当地マラソンで県内外の皆さんと交流すること。飲食店や温泉巡り。留学で培った英語力を生かした国際交流
市外に誇れる秋田市の魅力
東北屈指の人口30万人を抱える都市ながら、市民のやさしさや温かさなど人々の交流が色濃く残るところ
他の候補者に勝るところ
国内外で培ってきた豊富な都市計画の知識と実践的なまちづくりの経験。国内外に及ぶ人的ネットワーク

ほづみ もとむ

穂積 志

無|現|64歳|当選:3回
推薦:公明|支持:自民秋田市支部・社民秋田市総支部
元秋田県議会議員
秋田市長を志す理由
政治家を志してからの「ふるさと秋田市を元気にしたい」という思い
趣味・特技
水泳、読書
市外に誇れる秋田市の魅力
四季の移ろいが感じられる街。豊かな自然と都市の利便性が調和した“ちょうどいい”暮らしを実現できること
他の候補者に勝るところ
市政の停滞が許されないコロナ禍における、3期12年の市政運営の経験を生かした実行力

ぬまや じゅん

沼谷 純

無|新|48歳
支持:立民
元秋田県議会議員
秋田市長を志す理由
12年の間、決断できない市政が続いてきた。秋田も変わるべきときであり、県都を縮小から成長に転換する。
趣味・特技
特技ではないが、雨の日も風の日も、休まずに継続してきた街頭活動は、自分のライフワークだと考えている。
市外に誇れる秋田市の魅力
竿燈祭りや曳山祭りなど豊かな伝統文化と、30万都市としての発展・成長可能性を併せ持っているところ。
他の候補者に勝るところ
若さと決断力。25年の政治・行政経験を有しており、市政運営の即戦力として直ちに市政刷新に着手できる。

穂積市政 わたしの評価は

  • 武内
    伸文

    これまで目指していたはずのコンパクトシティ政策を、任期満了前、急に転換したかのような発言があり、政治的信念に疑念を抱かれたことが残念。情報やエネルギーなど多くの分野で想定される大きな変化への対応や、コロナ禍を乗り切るため、市の将来を見据えた政策判断が重要なところ、スピード感や臨機応変さに不安がある。
  • 穂積

    市長就任以降、中心市街地では官民の取組が活発になり、昨年の地価上昇やマンションの建設機運などに繋がった。また、26社を誘致し、2,100人を超える新規雇用を生み出し、社会動態は昨年76人の転入超過となった。子育て施策により、年度当初の待機児童ゼロを10年連続で達成するなど、着実に成果が表れている。
  • 沼谷

    イージス・アショア問題では最後まで賛否を明らかにせず、外旭川の開発構想やスタジアム整備などでも「決められない」市政であった。また、人口減少や若者流出など根本的な課題や除排雪をはじめ暮らしの課題についても、「解決できない」状況が続いている。多選による緩みや弊害も大きく、市政の刷新と世代交代が必要。

秋田市の未来へ 訴えたいこと