選挙を知ろう

【18歳選挙権トリビア】
投票率=18歳>19歳…どうして?

河村和徳さん河村和徳さん

東北大学大学院情報科学研究科准教授。共通投票所導入を検討した、総務省投票環境の向上方策等に関する研究会のメンバー。

「18歳>19歳」の投票率

今回の参議院選挙の投票率は、総務省が示した速報値によると、18歳は51.17%、19歳は39.66%でした。速報値ですのでおおよその傾向しかわかりませんが、その差を見れば、18歳の方が投票率は高かったことはほぼ間違いないでしょう。

19歳の投票率が18歳よりも低くなったのは、高校を卒業して一人暮らしを始めた人が多く、「投票に行こう」という周囲からの働きかけが少ないからだと思います。また、知らない土地で候補者も知らないことが、投票意欲を失わせていると思います。

投票率=18歳>19歳…どうして?

写真:Tyler Mullins

一方、自宅から高校に通っている人が多い18歳は、家族や地域の人から「選挙に行って」と働きかけを受ける機会が多かったと思われますし、家族や友人と一緒に投票に行ったという人もいたでしょう。

「不在者投票」を知らないから?

ただ、一人暮らしをしている大学生の中には、住民票を移していないので、「実家に帰省しないと投票できないから行かなかった」という、誤った理解をしている学生もいたようです。そうした誤解が、19歳の投票率を押し下げる要因になったとも考えられます。

住民票を移さずに下宿生活を送っている人は、「不在者投票制度」を使えばわざわざ帰省しなくても、いま住んでいる自治体で投票できます。しかし、不在者投票を行うためには、電話等で実家の選挙管理委員会に投票用紙などを送ってもらう必要があります。そのため、「投票所に行って書くだけ」という普通の方法に比べ、一手間かかります。また、郵便等でやりとりするため、時間もかかります。

使い勝手のいい不在者投票を

不在者投票の仕組みをもっと宣伝し、大学生などにわかってもらえれば、19歳の投票率は上がるかもしれません。たとえば、県外進学者の比率の高い大学に、不在者投票専用の投票所を設置したりすることは1つの手だと思います。実家に帰省しなくても投票できることに気付くからです。

郵便などに頼っている点も見直す必要があると思います。不在者投票の申請をオンライン化したり、投票用紙も郵送するのではなく、不在者投票所で印刷・発行できるようにしたりすれば、投票率が上がるかもしれませんね。