選挙を知ろう

【世にも“奇妙な”公選法】
一体なぜ!? 連呼しつづける選挙カー

のどかな日中、湧き上がる黒い感情……

選挙の風物詩ともいえる、選挙カーからの呼びかけ。

「どうぞ○○を!○○をよろしくお願いいたします!○○に清き一票を!」

たしかにウグイス嬢は、いい声しているけれど…スピーカーからの騒音にイラッときたこと、ありませんか?

選挙カーのスピーカー音声?

しかも、流れてくるのは、同じことばかり。マニフェストや経歴も含めて、もっとまともなことを言ってくれれば…と思いますが、実は公職選挙法でそういったことは禁止されているんです。

走行中の選挙カーは、「繰り返し」以外NG!

公職選挙法の第141条の3で、「選挙運動のために使用される自動車の上においては、選挙運動をすることができない」とした上で、2つの例外をあげています。

  • 自動車の上において選挙運動のための「連呼行為」をすること。
  • 停止した自動車の上において、選挙運動のために演説すること。

つまり、走行中の選挙カーからできるのは、「連呼行為」だけ、つまり「同じことを繰り返し言うこと」しかできないのです。

選挙カーの活動は、午前8時から午後8時までOK!

第140条の2には、学校や幼稚園、病院、診療所やその他の療養施設の周辺においては、「静穏を保持するよう努めなければならない」と書かれています。しかし、具体的な音量が決められているわけではありませんし、罰則もありません。もし嫌だと思っても、我慢するしかありません。

選挙カーの音声についての法律ではどんな決まり?

とはいえ、選挙カーの進行を妨げたりすると、選挙妨害の罪に問われてしまいます。「4年以下の懲役、もしくは禁錮、または100万円以下の罰金」に処される(※)場合もあるため、うるさいからといって、車の邪魔をしてはいけないんですよ。

※公職選挙法第225条