宮城発地域ドラマ ペペロンチーノ 宮城発地域ドラマ ペペロンチーノ

東⽇本⼤震災が発⽣して以降、NHK仙台拠点放送局は被災された⽅々の声を絶えず届けてきました。
そして、来年3⽉には震災から10年が経過します。時間と共に⼀体何が変わったのか、今回はドラマという⼿法で、揺れ動いてきた被災者の⼼のリアリティを⾒つめたいと番組を企画しました。被災者の10年間の⼼の葛藤、また復興への歩みを描き、コロナ禍のなか⼩さな希望を感じてもらえるドラマを⽬指します。

あらすじ

2021年3⽉11⽇、宮城県牡⿅半島の海を望むイタリアンレストランで、オーナーシェフの⼩野寺きよしは友⼈を招き宴を開く。被災地が厳粛な空気に包まれるこの⽇に、あえて酒を飲んで騒ごうという。どういうことなの?と、いぶかしがる友⼈たち。すると潔はこの会に秘められた深い理由を話し始めた―。潔がまず語ったのは、東⽇本⼤震災でレストランを流された被災体験、その後アルコール依存となり⾃暴⾃棄となった過去だった。では、そんな絶望の淵から、どうやって潔はレストランを再建し、最⾼の味を追求するシェフになれたのか―?

番組情報

【放送予定】
2021年3⽉ BS-プレミアム・BS4K
【脚  本】
⼀⾊ 伸幸(いっしき・のぶゆき)
【演  出】
丸⼭ 拓也(NHK仙台放送局 ディレクター)
【制作統括】
青木一徳(NHK仙台放送局 チーフ・プロデューサー)
【撮影予定】
2020年 冬 宮城県⼥川町、牡⿅半島(⽯巻)にて撮影予定

主演:草彅くさなぎつよしさん

主演:草彅 剛(くさなぎ つよし)

コメント ◆小野寺潔(イタリアン・レストランparadiso オーナーシェフ)役 宮城発地域ドラマ「ペペロンチーノ」に出演のお話をいただきとても光栄に思います。それと同時に、被災された方の役を初めて演じることになり少し緊張しています。
台本に込められた思いを、小野寺潔の10年間を演じることを通して皆さまにお届けできるよう頑張ります。

キャスト

國村隼(くにむら じゅん)さん

國村隼さん コメント ◆佐々木春文役 東京から支援で被災地にきた整形外科医 十年一昔…もう、その節目を迎えようとしているんですね。
そんな今、世界中が新型コロナウイルスのパンデミックに見舞われています。人間の力が及ばぬ大きな災いに出くわした時に、人はどうなって、何が出来るのか?そしてその時に受けた傷をどう癒していくものなのか?3・11震災を 経験した人々の〈十年後の再会〉。
人間の弱さと強さ、そしてやさしさが伝われば良いなぁと思ってこのドラマに参加します。

吉田羊(よしだ よう)さん

吉田羊さん コメント ◆小野寺灯里役 主人公・潔の妻 俳優の無力さを痛感した東日本大震災。
10年の時を経て、あの日について、あれから10年について、被災者の皆様の思いを取り次ぐ役目をいただきました。
皆様にとっての大切な誰かを、精一杯、演じさせていただききます。

矢田亜希子(やだ あきこ)さん

矢田亜希子さん コメント ◆阿部より子役 主人公・潔の高校の同級生で美容師 今回、このドラマのお話をいただいたときにまず思ったのが「あの日から10年という年月」でした。
被災された方々のこの10年間の思いをドラマを通じて演じるというのはとても苦しくて難しいことだと思います。
私は「阿部より子」という地元で生まれ育った女性に寄り添ってしっかりと演じられるよう努めたいと思います。

富田望生(とみた みう)さん

富田望生さん コメント ◆高橋なたね役 友作(漁師)の幼なじみで妻 長くも短くもない、10年。その時間を振り返る時、私は何を思うだろう…。
漠然としたまま、脚本を読ませていただきました。
それぞれの歩み方を、そっと肯定できますように。
誠心誠意、「ペペロンチーノ」参加させていただきます。

一色洋平(いっしき ようへい)さん

一色洋平さん コメント ◆高橋友作役 銀鮭の養殖をする漁師 「ペペロンチーノ」に参加させていただけること、本当にうれしく光栄に思います。友作を演じることでこの10年を思い、これからを願うことにつなげられればと思っております。

齊藤夢愛(さいとう ゆあ)さん

齊藤夢愛さん コメント ◆庄司結衣香役 仙台発のウェブマガジン編集者 震災を経て、強く歩み続ける皆様そして全国の皆様に、私の大好きな、地元宮城県の美しさ、人の絆の尊さ美しさを改めて感じていただけたら うれしいです。

蒼波純(あおなみ じゅん)さん

蒼波純さん コメント ◆阿部蒼役 より子の娘 「ペペロンチーノ」に出演させていただくことになり、生まれ育った地元宮城での撮影に、緊張しつつもワクワクしています。物語の中で成長していく阿部蒼を皆さんに見てもらえたらうれしいです。がんばります。

脚本:⼀⾊いっしき 伸幸のぶゆきさん

コメント 初めて東⽇本⼤震災の被災地に⾏ったのは、2011年夏。
ダイバーとして、あの津波があった海の中を覗くためでした。
その旅以降、東北に知り合いが増え、ひとりは僕の家族にもなり、まもなく10年になるご縁を紡いできました。
彼らに「贈る⾔葉」を、精⼀杯、書きます。

脚本:⼀⾊ 伸幸(いっしき のぶゆき)
◆1960年2⽉24⽇ 東京⽣まれ
⻘⼭学院⼤学⽂学部英⽶⽂学科中退
1982年⽕曜サスペンス劇場「松本清張の脊梁」で脚本家になる。
◆代表作
映画「私をスキーに連れてって」「⽊村家の⼈々」「病院へ⾏こう」「彼⼥が⽔着に着替えたら」
1990年映画「病院へ⾏こう」で⽇本アカデミー賞優秀脚本賞
1993年「僕らはみんな⽣きている」で⽇本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞
2013年NHK特集ドラマ「ラジオ」にてギャラクシー賞、文化庁芸術大賞等を受賞

演出:丸⼭ 拓也ディレクター

コメント これまで被災地各地で取材を重ねドキュメンタリー番組を制作してきました。
被災者の⽅々から教わった⽣きる上で⼤切なことやふだんの番組では伝えきれない取材の実感をドラマに込めて伝えたいと思いました。
コロナ禍の今だからこそ、幸せの在り⽅を考えられるような、ぬくもりのあるドラマにできたらと考えています。

タイトルの
“ペペロンチーノ”とは

にんにく、オリーブオイル、鷹の爪… などの具材で調理するイタリア料理“ペペロンチーノ”。ドラマの中では、主人公“潔”の人生の転機となるあるきっかけを与えた料理として出てきます。一見シンプルそうに見えるが極めるのが難しいこの奥深いパスタ料理を、脚本家の一色さんは、まるで人生のようであり、このドラマのタイトルとしてぴったりだと付けられました。
▲ ページの先頭へ