あの日、何をしていましたか?

コンセプト

NHKでは東日本大震災から10年となる2020年度、「あの日、そして明日へ」をキャッチフレーズに、関連の番組やイベント、ネットでの展開をしています。

その一環で、仙台放送局では「あの日、何をしていましたか?」という取り組みを始めました。 この取り組みは、「それぞれ違う“あの日”の中で、感じたこと、気づいた大切なことを、みんなで語り合い、つながってほしい。」という思いで活動しています。

プロジェクトでは、女優・のんさんを皮切りに、東北ゆかりのさまざまな著名の方に参加いただく予定です。

  • イメージキャラクター のん
    イメージキャラクター のん 1993年兵庫県生まれ。女優、創作あーちすと。2016年、アニメ映画「この世界の片隅に」で主人公・すずの声を演じ、高い評価を得る。その後も、映画、ネットドラマ、舞台、CMなどに出演。さらに、映画監督、ミュージシャン、ラジオパーソナリティーとしても活躍。 現在、出演映画「8日で死んだ怪獣の12日の物語」が公開中。また、声で主演したアニメ映画「マロナの幻想的な物語り(吹替版)」が9月11日に公開。主演映画「私をくいとめて」が12月に公開予定。
  • 撮影 平間 至
    撮影 平間 至 1963年、宮城県塩竈市生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業。写真家イジマカオル氏に師事。躍動感のある人物撮影で、今までにないスタイルを打ち出し、写真から音楽が聞こえてくるような作品により、多くのミュージシャン撮影を手掛ける。 東日本大震災の後、故郷を含めた復興支援の活動に取り組み、2012年に塩竈にて、「GAMA ROCK」を立ち上げる。
エピソードを投稿する エピソードの感想を投稿する
エピソードを投稿する エピソードの感想を投稿する