坂道グループが見た震災13年

東日本大震災からまもなく13年。

NHKでは、若者に人気のアイドル、坂道グループのメンバーと一緒に震災を学ぶことができる映像コンテンツ「坂道グループ×震災語り部」を2022年から制作し、全国のNHKや自治体の防災イベントなどで上映してきました。
周囲360度の映像を専用のゴーグルで見ることで自分もその場にいるような体験ができるVR=バーチャルリアリティのコンテンツです。

今回もその撮影のため、日向坂46、櫻坂46、そして乃木坂46のメンバーが東北の震災遺構などを訪れました。

13年前は小学校や幼稚園に通っていたメンバーたち。今回東北で出会った語り部の中には自分たちと同じ世代の人もいました。
メンバーたちは何を感じたのでしょうか?


【今回東北を訪れた9人】

岩手県陸前高田市を訪れた
日向坂46の上村ひなのさん、髙橋未来虹さん、平尾帆夏さん。

宮城県山元町を訪れた
櫻坂46の幸阪茉里乃さん、石森璃花さん、遠藤理子さん。

福島県双葉町を訪れた
乃木坂46の黒見明香さん、柴田柚菜さん、筒井あやめさん。

震災の発生当時はみな関東や中部地方、西日本で幼稚園や小学校に通っていました。
震災遺構などを訪れたのは初めてです。

NHK仙台放送局では今回撮影した映像をVRゴーグルやタブレット端末で展示します。
メンバーたちといっしょに、語り部の話に耳を傾けてみませんか?

展示期間:2024年2月27日(火)から。

映像はNHKのVRサイトでもご覧いただけます。
https://www.nhk.or.jp/vr/