印度カリー子さん直伝!あざらチキンカレーのレシピ

「あざら」は気仙沼の郷土料理。魚のアラと白菜の古漬けを酒かすやみそで煮込んだ料理です。
(気仙沼の地元の方に聞いたあざらレシピはこちらから)
魚のうまみが凝縮していますが、酒かす特有のアルコールっぽい香りが苦手という声も。
スパイスカレーにすることで、あざら独特の香りを抑え、カレーに足りないうまみが加わります。


【材料】

あざら 100g
鶏もも肉 300g
トマト 1個
たまねぎ 1個
にんにく 1かけ
しょうが 1かけ
サラダ油 大さじ1
塩小さじ 小さじ1/2
100ml
<スパイス>
ターメリック・クミン・ 
コリアンダー 
各小さじ1
チリペッパー 小さじ1/2(お好みで)

 

【作り方】 

①フライパンにサラダ油を入れ、みじん切りにしたたまねぎ、にんにく、しょうがを茶色くなるまで中火で炒めます。ここでしっかり炒めることで深みのあるカレーに。

azaracurry220225_1.jpg

②粗みじんにしたトマトを加え、水分が抜けペースト状になるまで炒めます。スパイスを入れなくても、これだけですでにカレーのような色合いになりました。

azaracurry220225_2.jpg

③スパイスと塩を加え、弱火にしてスパイスが全体に絡むよう炒めます。焦げやすいので注意!

azaracurry220225_3.jpg

④鶏もも肉、あざら、水を加え、全体を混ぜ合わせたら、フタをして10分煮ます。
(途中5分ほど経過したところで一度フタをあけ、様子をみて全体をかきまぜましょう)

azaracurry220225_4.jpg

⑤ここで最後のポイント!強火にして酒かすのアルコールの香りを飛ばしていきます。カリー子さんは普段のカレーのコクだしに酒かすを入れることもあるそうですが、そのときもこの工程がポイントになります。

azaracurry220225_5.jpg

⑥塩で味をととのえて完成。物足りないときは、スパイスを足すのではなく塩を足して調整します。

azaracurry220225_6.jpg

「あざら」嫌いの気仙沼の若者たちも完食するほど大好評!
あざらが手に入らない人は、スパイスカレーに酒かすを入れてコクを出す技をぜひ試してみてください。

レシピ動画

新番組「印度カリー子の“みち”との遭遇」2022年1月より随時放送中!
番組ホームページはこちら
https://www.nhk.jp/p/ts/M2N65V8MN1/episode/te/W325X61PP2/