宮城が舞台!連続テレビ小説「おかえりモネ」ご当地・宮城版ポスター完成!

2021年度前期放送の連続テレビ小説第104作「おかえりモネ」は、「海の町」宮城県・気仙沼に生まれ育ち、「森の町」同・登米(とめ)で青春を送るヒロインが、“気象予報”という「天気」にとことん向き合う仕事を通じて、人々に幸せな「未来」を届けてゆく、希望の物語です。

 

本日、ご当地である宮城県向けのポスターが発表されました!
メインポスターのほかに、舞台地である宮城県だけに貼り出されるポスターです。

mone_poster2.jpg

ご当地、宮城県のみなさんへ向けて、ヒロインの清原果耶さんから直筆のメッセージ入りです。

宮城県での撮影は
大いなる自然たちに
湧き上がる力を貰いました。
「おかえりモネ」が
皆様の心に届きますように。
精一杯の想いを込めて。
清原果耶

特別感がありますね!
宮城県内のさまざまな場所に掲出される予定です。

ちなみに、メインポスターがこちら。

mone_poster1.jpg

続々と情報が更新されるので、
随時、「知っトク東北」でも紹介していきます!
お楽しみに!

「おかえりモネ」のホームページ
https://www.nhk.or.jp/okaerimone/