宮城が舞台!連続テレビ小説「おかえりモネ」 気仙沼ロケレポート②

2021年度前期放送の連続テレビ小説第104 作「おかえりモネ」は、「海の町」宮城県・気仙沼に生まれ育ち、「森の町」同・登米(とめ)で青春を送るヒロイン・永浦百音(清原果耶)が、“気象予報”という「天気」にとことん向き合う仕事を通じて、人々に幸せな「未来」を届けてゆく、希望の物語です。

前回に続き、10月末から11月中旬にかけて行われた気仙沼市でのロケの様子をお伝えします。

主人公・永浦百音は、気仙沼湾沖の自然豊かな島で高校卒業までを過ごします。百音は、高校卒業後登米市に移り住みますが、盆休みやお正月などには気仙沼に帰郷し、家族や幼なじみたちとの時間を過ごします。

mone201204_1.jpg

↑盆休みも終わり、お土産を抱えて気仙沼から登米への帰路につく百音。

気仙沼での撮影は、百音と家族が久しぶりに再会するシーンや、中学生時代の百音と同級生たちが地元のお祭りで吹奏楽部の演奏を披露するシーンなどを撮影しました。
地元のエキストラの方々が、定期船の乗客や、演奏会の観客役として参加するなど、たくさんのご協力もいただきながら、和やかな雰囲気のなか撮影されました。

mone201204_2.jpg

↑島の海岸から家に帰る道すがら、何かを思いつく百音。

この日は、百音がお盆休みに実家がある気仙沼湾沖の島へ帰るシーンが撮影されました。
↓↓↓

mone201204_3.jpg

気仙沼市の定期船乗り場を、お土産をたくさん抱えた百音が歩いていきます。
10月末の気仙沼は天候に恵まれ、まさに撮影日和!気仙沼の美しい青空がドラマに彩りを加えます。

 

11月下旬から、渋谷の放送センタースタジオでの収録が始まっています。

 

↓これまでの連続テレビ小説「おかえりモネ」の情報はこちらから↓
https://www.nhk.or.jp/sendai-blog/cat-18516/

 

【放送予定】2021年春
【主なロケ地】宮城県気仙沼市 宮城県登米市 東京都