密集、密閉、密接度の高い場所での感染予防

50代・男性からの質問
「現在、ケガをした母の通院で病院に通っています
密集、密閉、密接度の高い場所で感染予防としてできることは何でしょう?」
東北医科薬科大学の賀来満夫特任教授に聞きました
(4月21日放送「てれまさむね」より)

0421-dousuru-2.png

まず、病院にお願いしたいこと

すでに実行しているところも多いかとは思いますが、「換気」が非常に重要です
1時間に10分程度窓を開けることが望ましいです

0421-dousuru-3.png

そして、「暖かい季節になれば、できるだけ窓を開け空気の流れを作っておく」

0421-dousuru-4.png

それから、「ドアノブや手すりのこまめな消毒」を

0421-dousuru-5.png

患者さんがやるべきことは?

まずは外から病院にウイルスを持ち込まないために、入る前に必ず「手洗いまたは消毒」を

0421-dousuru-6.png

それから「大きな声で話すと飛まつが飛ぶので、出来るだけ小さな声で話す」

0421-dousuru-7.png

飛まつが飛ぶのを防ぐために「マスクをつける」ことも重要

0421-dousuru-8.png

病院側は「換気と消毒」、
患者側は「手洗い、大声で話さない、マスクをつける」ことが大事なんですね

 


視聴者のみなさんから寄せられた不安や疑問にお答えする「#新型コロナ危機どうする」

投稿はこちらから

これまで紹介した内容はこちらから