2017年04月29日 (土)

ヴァンサン・ペレーズ監督

 

先日、こちらの方にインタビューしました。

20170429_yoshi_001.JPG

スイス人の映画監督、ヴァンサン・ペレーズさんです。

俳優として「インドシナ」(92年)や「王妃マルゴ」(94年)といった作品にも出演していますので、知っている!という方も多いと思います。

 

ペレーズさんが監督として手がけた最新作が「ヒトラーへの285枚の葉書」という、1940年のドイツを舞台にした映画です。

ナチス政権下でつつましく暮らしていたドイツ人夫婦が、1人息子の戦死をきっかけに戦争に疑問を持ち、ヒトラーを批判するメッセージを書いた葉書を街中のあらゆる場所に置くという物語。

命がけで体制批判した、実在したドイツ人夫婦について書かれた小説を映画化したものです。

 

今回の来日に合わせて、ペレーズ監督は、東京都内の高校生たちとの討論会を行いました。

事前に映画を見た高校生たちからは、「今は周りの意見を聞かず、自国の利益ばかりを考える国が増えてきたように思う。また第2次大戦の時のような状況が起きてしまうのかと心配です」などといった意見が出ました。

これに対してペレーズ監督も「恐怖心で世界を変えることはできない。葉書を書いたドイツ人夫婦の行動を忘れないようにしましょう」と、活発な意見交換となりました。

 

映画は7月公開予定でまだちょっと先ですが、そのころに、「せかいま」でも、インタビューと討論の様子をお伝えする予定です。

放送日が近づいたら、またこのブログでお知らせしますね!

 

 

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:芳川隆一 坂下千里子 Mr.シップ

2017年4月30日のゲストは、パックンです。

 

投稿者:芳川隆一 | 投稿時間:22:15


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー


RSS

page top