2016年02月03日 (水)

アメリカ大統領選挙

長いアメリカ大統領選挙の中で、何を“わかった”にするのか。

1月31日の放送は、つくるのがすごく難しい回でした。

 

解説のつくりかたは、

情報を持ち寄る ⇒ 項目決定 ⇒ 先生決定 ⇒ 情報を集める ⇒ 情報を精査する ⇒ 構成する ⇒ 構成に合わせて各自制作する ⇒ 試写やリハーサル

というのが大きな流れです。

 

今回の難しかったところは、番組を見てくれている方が、何を知りたいのかを見極めることでした。

アメリカ大統領選に興味がある人とない人の知識量の差がどのくらいなのか?

何に重点をおくべきなのか?

はてな(?)がいっぱいで、答えがありません。

 

意見やアイデアを出し合って、番組構成を決めていきますが、

途中で「それではわからない」という意見が出ると、そこからまた足し算、引き算、入れ替えの繰り返しです。

 

大まかな構成が決まる頃、あわせて模型や小道具、黒板を構想していきます。

話し合いの末、長いアメリカ大統領選をわかりやすく見せるため、黒板の後ろに長い道のりとして表現することになりました。

このとき、放送二日前の深夜です。

20160203_kaisetsu_01.JPG

 

前日の土曜日、リハ用小道具の制作に取り掛かります。

井上キャスター、のぞき見。

20160203_kaisetsu_02.JPG

20160203_kaisetsu_03.JPG

ついでにお手伝い。

20160203_kaisetsu_04.JPG

会議室に配置して、リハーサル開始です。

20160203_kaisetsu_05.JPG

 

こちらのリハーサル用段ボールアートが、放送ではどうなったのか、

せかいま美術館」をご覧ください。

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:20:00


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー


RSS

page top