2018年01月25日 (木)

トランプ大統領就任1年

20180125_art_001.JPG

2018年1月21日の出演者のみなさんです。

左から、芳川隆一キャスター、坂下千里子さん、(パネルのトランプ大統領)、Mr.シップ、ゲストの武井壮さん、国際部高木優デスクです。

 

放送前、ある本に興味津々な武井さん。

千里子さんも、翻訳版の発売が待ちきれない様子。

20180125_art_002.JPG

武井さんが持っているこの本、5日にアメリカで発売された、トランプ大統領の暴露本なんです。

20180125_art_003.JPG

「FIRE AND FURY」(炎と怒り)

 

暴露本から見えてくるトランプ政権のカギを、高木デスクが解説しました。

20180125_art_004.JPG

アメリカ第一主義で突き進んできたトランプ大統領。

1月20日で就任1年となりました。

11月には大統領への最初の審判となる、議会の中間選挙があります。

この中間選挙は2020年の選挙で再選されるかどうかを占う重要な選挙です。

20180125_art_005.JPG

大敗すれば残る2年、何も政策を実行できない「レームダック(死に体)」になります。

そんな大事な選挙を前に出版されたのが、トランプ政権の内幕を描いたとされる暴露本「炎と怒り」です。

20180125_art_006.JPG

トランプ大統領は事実無根として全面否定していますが、著者はホワイトハウスのなかで実際に関係者に聞いた話をもとに書いているとのことです。

 

この本から読み解くトランプ政権最初のカギが「資質」と「政治姿勢」です。

書かれている内容がこちら。

20180125_art_007.JPG

20180125_art_008.JPG

側近の補佐官などからも「バカ」「マヌケ」などと言われているそうです。

 

2つ目のカギは「政権内の混乱」です。

20180125_art_009.JPG

バノン前首席戦略官は、イバンカ氏に対して「イバンカは終わりだ!」と言ったりとか。

 

そして「ロシア疑惑」に関するもの。

20180125_art_010.JPG

こんな暴露本が出ること自体が異常事態でもありますが、暴露本に追い打ちをかけるように問題になったのが、「shithole」というトランプ大統領の発言です。

これは、“肥溜め”とか“屋外の便所”のような「極めて不潔な場所」を意味する下品な言葉。

公の場や政治の場で使われる言葉ではありません。

トランプ大統領は、「なぜわれわれは(アフリカやハイチのような)“不潔極まりない国々”から移民を受け入れているのか」と発言したと言われています。

20180125_art_011.JPG

実はトランプ大統領、「TPS」の打ち切りを去年11月に発表していました。

「TPS」とは、8年前に大地震に見舞われたハイチの人などを対象にした、アメリカでの一時保護資格のことです。

トランプ大統領は選挙中に「ハイチの味方になる」と発言していたため、アメリカに住んでいるハイチの人々は裏切られたと失望しています。

このことから、当選の原動力になった白人労働者層をつなぎとめるため、「差別的と言われても約束を破ったと言われても構わない」という姿勢が見えてきます。

 

さらに、「資質」と「政治姿勢」に関していうと、外交では取引(ディール)を重視し、アメリカの利益のためなら国際社会にどう見られようと構わないという面が見えてきます。

20180125_art_012.JPG

中国と東南アジア諸国が領有権を争う「南シナ海」の問題では中国を批判せず、北朝鮮の問題で中国の協力を得ることを優先しました。

20180125_art_013.JPG

東南アジアの国々はアメリカより中国との関係を重視するようになったため、アメリカの影響力は低下しました。

 

他にもトランプ大統領は利益を得るために、地域のバランスを崩すようなことを世界のあちこちでやってきました。

エルサレムをイスラエルの首都に認定したり、イラン核合意を認めないと宣言したり。

20180125_art_014.png

アメリカの歴代政権が積み上げてきた信頼、指導力は結果、ガタ落ちしました。

 

次の注目点は、「政権内の混乱」で人事が進んでいないことです。

20180125_art_015.png

 [トランプ大統領就任1年、アメリカ政府の人事は大変なことになっているんだヨーソロー。]

 

幹部の任用が遅れていることで、外交交渉でも権限が与えられている人が少なく、交渉相手側も困っています。

深刻なのは、優秀な官僚の士気が下がっていること、またホワイトハウスと各省庁との連携がいまひとつうまくいっていません。

20180125_art_016.JPG

とはいえ、大統領の支持率は40%前後を維持。

なぜなら、経済が好調で、税制改革の高評価や経済指標の良さから、企業経営者などから高く評価されているんです。

また、株価はこの1年間、高値水準を維持しています。

20180125_art_017.JPG

アメリカ人は資産を株で持っている人が多いため、今の状態が良いという人が大勢います。

好調な経済が続けば中間選挙も心配ないかもしれません。

 

そんな中、今年「ロシア疑惑」の捜査で大きな進展があるかもしれません。

20180125_art_018.JPG

ロシア疑惑などで追いつめられれば、国民の関心を外にそらすために、北朝鮮問題でスタンドプレーに出て、半島情勢の緊張が高まる可能性があり、またICBMと核弾頭の開発を完了してしまえば圧力強化をあきらめて、交渉に乗り出す可能性もあります。

20180125_art_019.JPG

トランプ大統領自身、ビジネスの世界で培ったテクニックとして、手の内を明かさないことが自分の武器だと公言しています。

突然プレースタイルが変わることはあり得ないので、次の大統領選挙までの3年間も国内外に色んなニュースと混乱を巻き起こすことになりそうです。

20180125_art_020.JPG

20180125_art_021.JPG

20180125_art_022.JPG

 

 

 

 

※リハーサル時の写真も掲載しています。

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:芳川隆一 坂下千里子 Mr.シップ

2018年1月28日のゲストは、初登場!古坂大魔王さんです。

 

 

投稿者:芳川隆一 | 投稿時間:16:47


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー


RSS

page top