2017年11月09日 (木)

トランプ大統領来日!

 

20171109_art_001.JPG

2017年11月5日の出演者のみなさんです。

左から、芳川隆一キャスター、岩田明子解説委員、Mr.シップ、坂下千里子さん、ゲストの武井壮さん、ワシントン支局広内仁記者です。

 

武井さんのボール、遠くまで飛んでそうですね(^-^)

芳川さん、、、そのフォームで、、、飛ぶ??

 

ゴルフから始まった今回のトランプ大統領来日について、2人の先生が解説しました。

20171109_art_002.JPG

今回は、日本、韓国、中国、ベトナム、フィリピンの順に5か国を訪問します。

後半に予定されているベトナムのAPECと、フィリピンのASEAN、EASという首脳会議出席に合わせたアジア歴訪で、過去25年間で最長です。

20171109_art_003.JPG

 

初日からゴルフになった理由は、日曜日だから。

20171109_art_004.JPG

そして、トランプ大統領にとって、ゴルフは単なる娯楽ではないんです。

20171109_art_005.JPG

“ゴルフはアプローチ”

「最初は安倍首相と2人で親密に話がしたい」というアメリカ側の要請がありました。

ラウンド前には、スーツ姿で2人きりで話をしました。

これは“本気で話をしよう”という意思表示のあらわれです。

 

20171109_art_006.JPG

そして、トランプ大統領にとって“ゴルフは道具”。

仕事のパートナーとなり得るかを見極めるツール、つまり道具として使っているようです。

一緒にプレイすれば「組めるかどうか、信用出来るかどうかわかる」と安倍首相に言っています。

さらに「私はゴルフ場で多くのディール、取り引きを成し遂げた」とも話しています。

20171109_art_007.JPG

93年にビジネスマンとして日本を訪れた時には“ゴルフは人生”とも言っています。

「良いときもあれば悪いときもあるが、つらい戦いを切り抜けるのはとても良い気分だ」と述べているほどです。

 

会議などで顔を合わせる度に、安倍首相をゴルフにお誘いするトランプ大統領、2人の関係をシップが説明してくれました。

20171109_art_008.png

[安倍首相とトランプ大統領は、とーーーーーっても仲良しなんだヨーソロー。]

 

今回、フィリピンのドゥテルテ大統領との間を取り持って、会談を実現させたのも安倍首相でした。

安倍首相とトランプ大統領は、本音で話している関係であり、また北朝鮮の見立てを聞かれるなど、安倍首相が相談相手のような存在にもなっています。

関係者によるとトランプ大統領は来日前「安倍首相と会うのが待ちきれない」と、はしゃいでいたとか。

 

今回のアジア歴訪、スケジュールを組むのが大変で、なかなか発表されませんでした。

というのも、日本2泊3日、韓国1泊2日、中国2泊3日と、どこに何泊滞在するかと、舞台裏での激しい綱引きがありました。

20171109_art_009.JPG

特に韓国は、「少なくとも、日本や中国と同じ日数でないと納得できない」ということで、担当者が胃を痛めるほど揉めました。

そんな中、「日本が最初の訪問国だ!」と言ったのは、トランプ大統領でした。

 

6日の「晩さん会」には、女優の米倉涼子さんや、ピコ太郎さんも出席。

20171109_art_010.JPG

「拉致被害者家族との面会」については、安倍首相が言い続けてきたことが、国連総会のトランプ大統領の演説での言及につながり、今回の面会につながりました。

アメリカにとっても、人道問題は決して人ごとではないんです。

アメリカ人のオットー・ワームビアさんが北朝鮮に拘束され、帰国後死亡しました。

20171109_art_011.JPG

北朝鮮にはアメリカ人がまだ3人拘束されています。

北朝鮮はこうした問題を交渉カードに使ってくる可能性もあります。

日本政府としては、アメリカと北朝鮮が何らかの合意をするような場合にも、拉致問題が取り残されてしまわないように、釘を刺す狙いもあります。

 

北朝鮮への対応で言うと、トランプ政権当局者は、「日本とは結束、韓国には教育、中国には要求」と話していました。

20171109_art_012.JPG

さらに今回の歴訪の後半は北朝鮮と長く付き合っている国が多いASEAN諸国です。

北朝鮮の出稼ぎ労働者の締め出しや、さらには北朝鮮の大使追放などを求めたい考えです。

 

注目は8日、韓国の国会で行われる演説です。

20171109_art_013.JPG

トランプ大統領は国際社会に対し北朝鮮のへの圧力を最大限まで高めるよう呼びかけるとしています。

アメリカ軍は、2機の爆撃機を朝鮮半島周辺に展開し訓練、さらに西太平洋の海域に空母3隻を展開させ、それをわざと発表することで、北朝鮮に挑発行為をやめるよう迫る狙いがあります。

 

中国では北朝鮮と並んで、貿易の問題で議論が行われる見通しです。

アメリカにとって中国に対する貿易赤字は3470億ドル。

20171109_art_014.png

トランプ大統領は、中国に対する貿易赤字は「最悪で口にするのも恥ずかしい。ひどいレベルにある」と強い口調で批判していて、貿易不均衡の是正を強く求める考えです。

ただ、北朝鮮の問題では、中国の協力が不可欠です。

北朝鮮で協力してもらう代わりに貿易は大目に見るということになる可能性もあります。

北朝鮮と貿易を天秤にかけながら、どこまで強い姿勢で臨むのか、トランプ大統領の交渉術が問われることになります。

 

トランプ大統領は今回の歴訪で、インド・太平洋地域に積極的に関与する姿勢を示す一方で、あくまでも「アメリカの繁栄を取り戻すための歴訪だ」とも述べています。

 

アメリカ第一主義には、各国からの警戒心もある中で、トランプ大統領が北朝鮮への対応でも、貿易の問題でも、各国の協力や理解を得られるのか、それとも再び摩擦を生むことになるのか、注目です。

 

 

 

シップもホールインワン狙ってレッツゴー!!

20171109_art_015.gif

 

 

 

※リハーサル時の写真も掲載しています。

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:芳川隆一 坂下千里子 Mr.シップ

2017年11月12日のゲストは、サヘル・ローズさんです。

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:22:14


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2020年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

バックナンバー


RSS

page top