2017年07月06日 (木)

G20サミットの見どころは?

 

20170706_art_001.gif

「あーっちっちっちっちっちっち!!!!」

 

7月2日の日曜日の夕飯は、みなさん何を食べましたか?

せかいまを見て、思わずハンバーグを食べたくなった方もいたのでは(^-^)?

20170706_art_002.JPG

巨大ハンバーグを狙って鉄板の上に乗ったものの、火傷しそうなシップですが、

みなさんもハンバーグの鉄板は熱いので気を付けてくださいね(*_*;

 

7月2日のせかいまは、世界の主要20か国の首脳が集まる「G20サミット」(今月7日~開催)について、2人の先生が解説しました。

まずは国際部小宮デスク。

20170706_art_003.JPG

実は、「G20」と名の付く会議はよく行われていて、財務大臣や環境大臣などが集まって開かれています。

これらの会議は各国首脳が集まる、今回の「G20サミット」への前振りみたいなものなんです。

サミット参加国のGDP合計は、世界のGDPの90%に達するため、ここで決めたことの影響力はとても大きいです。

だからこそ各国は、時に対立したり、共同戦線をはったりしてきました。

 

ここでシップが登場!

20170706_art_004.png

[G20がどんな風にできて、どう対立してきたかオレが説明しヨーソロー。]

 

この先進国と発展途上国の対立が、ここ最近変わってきています。

20170706_art_005.png

教室に巨大ハンバーグがやってきましたが、なぜハンバーグ?なのかというと、

今回のG20サミットの開催地が、ドイツのハンブルク。

一説には、ハンブルク地方の肉料理のことをハンバーグと言うそうです。

20170706_art_006.JPG

芳川キャスターがハンバーグを切り開いてみると…。

20170706_art_007.png

これまでのG20サミットの構図が出てきました。

真ん中の黄色い美味しそうな部分はとろけたチーズです(^-^)

アメリカを中心とした「自由貿易を公正なルールで進めよう」というグループと、中国を中心とした「ルール作りが必要だ」というグループの主導権争いがありました。

 

ところが、今回のG20サミットでは、「アメリカ対“残りの19”」という構図になりそうなんです。

その理由が、トランプ大統領の登場です。

トランプ大統領はこれまでの「自由貿易を公正なルールで進めよう」というグループを抜け出して、「保護主義」を目指しているからです。

保護主義とは、トランプ大統領の言う自国の利益最優先という「アメリカ第一主義」のことですね。

20170706_art_008.png

今回のサミット最終日に出す声明に、「保護主義と闘う」という文言が入れられるかどうかというのが今回の最大の見どころです。

 

 

そこで、トランプ大統領の保護主義に一石を投じようとしているのが、日本。

アメリカに「公正なルール」に基づく貿易の大切さをわかってもらうための「秘策」を、岩田解説委員が解説しました。

20170706_art_009.png

それは、EUと日本で行っている交渉「EPA=経済連携協定」です。

20170706_art_010.JPG

日本とヨーロッパが関税の低い協定を結べば、アメリカも焦るのではないかという思惑です。

 

さらに、安倍首相は先月、先進国の首脳が集まったサミットで「保護主義は誰の得にもならない。高い水準のルールを拡大する」とトランプ大統領に向けて発言しました。

20170706_art_011.JPG

なぜ、日本が必死にアメリカに訴えているのかというと、

アメリカが自由貿易の盟主の座から外れたのを幸いと、中国が真ん中に立とうとしているからです。

 

今回のG20で中国は、「自由貿易は必要だ」と日本やヨーロッパと同じ立場で議論に参加すると言われています。

ただし、日本やヨーロッパの主張を取り込みながら自分たちに有利なルール作りを主導しようとしているんです。

20170706_art_012.png

実際中国は、アメリカや日本抜きの国際銀行を作ったり、アジア中心の貿易の枠組みを中国主導で作ろうとしたり、着々と周りを固めていっている状況です。

 

そこで日本は、それを逆手に取って「中国を巻き込め」作戦を行おうとしています。

その切り札が安倍総理から習近平主席に送った「親書」です。

20170706_art_013.JPG

この親書は、中国というより、アメリカに早く自由貿易のリーダーの座に戻って欲しいという思いが込められています。

トランプ大統領が「保護主義」「アメリカ第一主義」と叫んでいる内に、中国が自由貿易の盟主になっちゃうかもしれないよ。ということなんです。

20170706_art_014.png

しかし、トランプ大統領はつい最近、通商問題の司令塔に、ライトハイザーという日本に対して厳しい態度の人を選びました。

アメリカだけを頼って生き残る時代ではなくなった今、日本も各国との外交を展開し強化していかなければなりません。

また、アメリカだけでなく他の国も自分の国さえ良ければという思いがあるかもしれませんが、歴史でも証明されているように強い国だけが有利な取引を行うと、周りの国が倒れてしまい、結果としてみんな共倒れという状況になりかねません。

ぎくしゃくした状況だからこそ、バラバラになりかけた世界をなんとかまとめるようなメッセージが出ることを期待したいですね。

 

 

2017年7月2日の集合写真です(*^-^*)

20170706_art_015.JPG

左から、国際部小宮智可デスク、芳川隆一キャスター、坂下千里子さん、Mr.シップ、ゲストの矢沢心さん、岩田明子解説委員。

 

20170706_art_016.JPG

付け合わせの野菜は美味しかったかな(*'▽')?

 

 

 

※リハーサル時の写真も掲載しています。

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:芳川隆一 坂下千里子 Mr.シップ

2017年7月9日のゲストは、初登場!野間口徹さんです。

 

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:18:21


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー


RSS

page top