2018年3月15日

2018年03月15日 (木)

米朝首脳会談へ・各国の地震津波対策

20180215_art_001.jpg

2018年3月11日の出演者のみなさんです。

左から、芳川隆一キャスター、国際部高野洋デスク、坂下千里子さん、Mr.シップ、ゲストの藤本隆宏さん、国際部小林潤デスクです。

 

1時間目は、まさかの急展開となった北朝鮮とアメリカの首脳会談について、国際部高野デスクが解説しました。

 20180215_art_002.jpg

キム・ジョンウン委員長側が呼びかけ、トランプ大統領がこれに応じる形で行われることになった米朝首脳会談。

 20180215_art_003.jpg

緊迫していた朝鮮半島情勢は、一気に対話を通じた緊張緩和の方向へ進み始めています。

 

しかし、キム委員長は5年前に「並進路線」と呼ばれる「核開発」と「経済立て直し」を同時並行で進める政策を掲げ、一貫して堅持しています。

元旦の「新年の辞」では、核弾頭と弾道ミサイルを量産し実戦配備拍車をかけるよう指示していて、この「並進路線」を掲げている限りは、経済立て直しのために、アメリカからの非核化に応じるとは考えられません。

 

対話を続けている間はアメリカの軍事攻撃を避けることができるため、ICBMが完成するまでの時間稼ぎ、さらに非核化に応じる条件として無理難題を突きつけてくる可能性があります。

 20180215_art_004.jpg

アメリカと北朝鮮の首脳どうしが直接会って意見を交わすのは史上初となります。

どこまで歩み寄れるのか、予断を許しません。

 

 

2時間目はこちら。

20180215_art_005.jpg

[調べてみると世界のいたるところで地震が起きているんだヨーソロー。]

 

各国の地震津波対策について、国際部小林デスクが「備える」「暮らす」「伝える」3つのテーマで解説しました。

 20180215_art_006.jpg

まずは「備える」。

20180215_art_007.jpg

太平洋を取り巻く地域は世界的に見ても特に地震・津波が多く、国連によると世界の津波の70%以上がアジア太平洋地域に集中しているというデータもあります。

20180215_art_008.jpg

南太平洋にあるフィジーでは、白・黄・赤の旗を使って住民たちに危険を知らせています。白が避難準備、黄が避難開始、赤が掲げられた時点で避難の完了を目指します。

 

ソロモン諸島のネンドー島では、5年前にマグニチュード8.0の地震が発生し、3メートルの津波が村を襲いました。

4割の人が家を失うなどの被害を受けましたが、多くの人はすぐに避難し無事でした。

避難に役立ったのが「防災教育」です。

東日本大震災の教訓を生かそうと取り組んでいるたため、海辺に暮らすケバさんは、「日本の津波の映像を見ていなかったら、どうなっていたかわからない」と語りました。

 

次は「暮らす」。

被災直後からの生活、暮らしをどうつないでいくのかということです。

近年の災害では「災害関連死」が課題となっています。

20180215_art_009.jpg

平成16年の新潟県中越地震では、車の中などで避難生活を続けた人がいわゆる「エコノミー症候群」を発症し、体調を崩して亡くなるなど、52人が「災害関連死」として認定され、地震を直接の原因として亡くなった16人を大きく上回りました。

 

解決策の一つになるかもしれないのが、アメリカで普及し始めている「緊急用のシェルター」です。こちらは、避難中のプライバシーを守るため、開発されました。

20180215_art_010.jpg

 

最後は「伝える」。

災害の記憶や教訓を後世にどう伝え、残すかということです。

その1つが、被害を受けた建物などの一部をそのまま残し、被害をリアルに伝える「震災遺構」と呼ばれるものです。

 

中国の四川では、2008年にマグニチュード8.0の大地震が起きました。

ここでは被災した町を丸ごと残す取り組みが行われています。

20180215_art_011.jpg

傾いた建物は補強され、亡くなった人たちの名前と顔写真が掲示されています。

記念館も建設され、復旧・復興にあたった国家指導者の業績が強調されていて、「愛国主義」を発信する拠点として活用されています。

 

しかし、こうした震災遺構については賛否両論があり、被災者や遺族からは辛い記憶を呼び起こす遺構は見たくないという反対意見もあります。

 

3つのキーワードで世界の防災を解説しましたが、最後に、日本が世界の防災に貢献している「稲むらの火」を紹介します。

20180215_art_012.jpg

160年以上前に起きた「安政南海地震」のとき、現在の和歌山県のある村で商人が大きな地震の後には津波が来るという言い伝えを思い出して暗闇の中、収穫した稲の束に火を放って村人たちを高台に誘導し被害を防いだというお話です。

アジア防災センターが、この故事についての絵本を10か国語の言葉に翻訳し、各国に配布しています。

3年前、国連によって、この津波があった11月5日を「世界津波の日」と定められました。

過去の災害から得た教訓や知見を世界に伝え、命を守っていく取り組みに日本が担う役割はまだまだ大きいと思います。

20180215_art_013.jpg

 

 

 

※リハーサル時の写真も掲載しています。

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:芳川隆一 坂下千里子 Mr.シップ

2018年3月18日のゲストは、初登場!本田望結さんです。

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:20:00 | カテゴリ:せかいま美術館 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2018年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

バックナンバー


RSS

page top