2018年3月 9日

2018年03月09日 (金)

世界の防災事情

3月11日(日)の「せかいま」では、世界の防災事情を見つめます。

地震や津波など災害に備えなくてはいけないのは、もちろん日本だけではありません。

でも、その方法は国によって様々です。

例えば、日本から約7000キロ離れた南太平洋の島国、フィジーでは、

日本ほど情報インフラが整っていないことから、津波が来たことを知らせるために独自の工夫を凝らしています。アメリカでは、避難生活の困難を少しでも和らげる方法が注目されています。そして中国。2008年に起きた四川大地震の被災地では、当時の記憶を伝えるために、驚きの手法が用いられています。

東日本大震災から7年。「せかいま」は、世界の防災事情に目を向けます。

 

防災といえば、先月私が取材で訪れたシンガポールは、地震がほとんど無い国として知られています。

20180309_yoshi_001.jpeg

 

国連大学の調査によりますと、シンガポールの自然災害のリスクは、171カ国中、下から13番目。同じ調査で日本は上から17番目ですから、いかに自然災害のリスクが低いかが分かります。実際、街の人にお話を伺っても、これまで地震にほとんど遭ったことが無いという人ばかりでした。2004年のスマトラ島沖地震のときも、シンガポールに津波は来なかったそうです。

でも、自然災害と全く無縁というわけではありません。

シンガポールは雷がとても多く、小学校では、下校時に雷が鳴るとみんなで体育館などに集まって、雷がやむまで待機するんだと、現地で会った小学生が教えてくれました。実際、私が滞在していた間にも、雷と共に急に大粒の雨が降り出し、辺りが一気に水浸しになったことがありました。どんな国も自然災害と決して無縁ではないんですね。 

そのシンガポールで、現地で暮らす日本人の子どもたちに、地震や津波の恐ろしさを伝えようと奮闘する日本人の男性がいます。この男性の活動について、今後の「せかいま」でご紹介する予定です。

 

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:芳川隆一 坂下千里子 Mr.シップ

2018年3月11日のゲストは、藤本隆宏さんです。

投稿者:芳川隆一 | 投稿時間:14:00 | カテゴリ:芳川隆一のよしよし!やったるぜ! | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2018年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

バックナンバー


RSS

page top