2018年1月18日

2018年01月18日 (木)

バルト3国訪問 狙いは

20180118_art_001.JPG

2018年1月14日の出演者のみなさんです。

左から、芳川隆一キャスター、国際部安間英夫デスク、坂下千里子さん、Mr.シップ、ゲストのダイアモンド☆ユカイさん、岩田明子解説委員です。

 

ことし最初に、ヨーロッパの「バルト3国」を訪問した安倍首相。

その狙いを、岩田解説委員、安間デスクが解説しました。

20180118_art_002.JPG

バルト3国は貿易投資国として潜在能力があると見ていて、楽天や三菱商事、丸紅などの日本企業も今回の訪問に同行しました。

 

バルト3国の覚え方は4コママンガで、シップが説明しています。

20180118_art_003.jpg

(※クリックすると前半が読めます)

 

先生の話を受け売りしただけのようですが(^-^;

 

今回の訪問、特にエストニア訪問に狙いがあります。

20180118_art_004.JPG

こちら、安倍首相のエストニアの電子居住カードです。

2015年にエストニア政府から交付されました。

 

実はエストニアは、「IT先進国」。

インターネットでビデオ通話ができる「スカイプ」を生み出した国でもあります。

電子居住カードで外国投資を積極的に呼び込んでおり、最も電子政府化が進んでいる国と言えま

す。

20180118_art_005.JPG

他には、2005年の地方選挙で世界初の本格的なインターネット投票を実施し、閣議もペーパーレスで行っています。

また、住民票や銀行口座開設、年金の受け取りなど、市役所に行かなくても在宅で様々な手続きが出来るようになっています。

そして、こうした電子政府を支える高いサイバーセキュリティー技術も持っているため、日本もそのノウハウを学びたいと考えています。

 

さらに、日本にとってバルト3国は外交上とても重要な国なんです。

20180118_art_006.JPG

そのひとつが、EU。

自由と民主主義を掲げ、EUの一員として強い意識を持つバルト3国。

日本は、EUとの「EPA=経済連携協定」の成立に向けた協力を得たい、そして自由貿易の推進と定着で連携したいとの考えです。

 

また、対中国としても重要な国です。

「一帯一路」構想に含まれているため、中国との結びつきが強いです。

ただ、中国の軍事行動に対しては、“現状を変えようとする行為だ”と警戒感を示しています。

日本としては、中国と経済分野で協力しながら、中国を国際秩序や国際基準の通商ルールに関与させていきたい、その働きかけのためにバルト3国と連携したい考えです。

 

さらに、今回の訪問はもう一つの重要な国を意識したものでもあるんです。

 

20180118_art_007.png

[バルト3国は、これまで何度もロシアに占領されてきたんだヨーソロー。]

 

ここでロシア担当、安間デスク登場です。

20180118_art_008.JPG

「バルト3国はロシアの小銭」と発言したことのあるロシアのプーチン大統領。

歴史の現実として、大国が勢力圏を分け合うとき小銭のように取引の材料にされてきた、と言いたかったようです。

実際に、第2次世界大戦前にソビエトと、ナチス・ドイツとの密約でソビエトの勢力圏に入ることが決められていました。

 

バルト3国はソビエトから独立した後も、自分たちだけでは国を守れないと考えて入ったのがソビエトを仮想敵国としていた軍事同盟「NATO」でした。

20180118_art_009.JPG

かつて支配されたロシアではなく、アメリカとヨーロッパの傘のもとに入って独立を守ろうというのがバルト3国の考えです。

20180118_art_010.JPG

現実的な脅威を感じたのが、2014年にロシアがウクライナのクリミアを併合したことです。

バルト3国がソビエトへ編入された過去と重なり、21世紀でも武力を背景に領土が変わるのかと、大きな衝撃を受けました。

 

これにより、リトアニアは警戒感を強めて徴兵制を復活させ、各国もNATOの支援を受け国防体制を強化しています。

 

プーチン大統領が今回の安倍首相訪問をどう見ているかというと、自分と活発に会談を重ねてきた安倍首相がバルト3国で何を語り、何を決めるのかということを注視しているのだと思います。

20180118_art_011.JPG

安倍首相はエストニアとの首脳会談で、「日本は法の支配に基づく国際秩序を重視」「力による現状変更は断じて認めない」と述べましたが、日ロ関係において「日本は自立した外交姿勢だ」とロシアに対して見せる隠れた狙いもあります。

プーチン大統領が気にしているのは、北方領土での安全保障問題、ミサイル防衛問題です。

それに対して、日本はアメリカの同盟国ではあるけども、独自性と自立性を持った外交を行うと示す狙いがあります。

 

プーチン大統領としては日本と関係を強化することで、経済を中心にどのようなメリットがあるのか、北方領土問題で日本側に妥協の用意があるのかどうか、日本がアメリカの言いなりにならないかどうか見極めていくと思われます。

20180118_art_012.png

 

 

 

 

※リハーサル時の写真も掲載しています。

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:芳川隆一 坂下千里子 Mr.シップ

2018年1月21日のゲストは、武井壮さんです。

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:16:53 | カテゴリ:せかいま美術館 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2018年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー


RSS

page top