青天を衝け

特集

Interview
平岡円四郎役・堤真一さんインタビュー「草彅くんと一緒のシーンを演じて心を打たれる瞬間が何度もありました」
慶喜とのバランスを取るためにも円四郎は全く違うトーンで
Q:平岡円四郎を演じるうえで意識したことはありますか?

平岡円四郎は江戸っ子で、僕は関西人なのですが、落語でなじんでいたからか、江戸っ子口調についてはあまり苦労はなかったんです。それよりも、台本から円四郎の心意気や人間としての器の大きさが伝わってきて、自分とは全くかけ離れた人物だったので「どうしよう。僕で大丈夫かな?」と最初は思ってしまいました。でも、草彅剛くん演じる慶喜が、終始淡々とした口調で、つかみどころがないような人物にも感じられたので、その慶喜とのバランスを取るためにも、円四郎は全く違うトーンで演じました。セリフの言い回しなどが、多少臭くなってもいいのではないかと思い、リズムよく進めていくことを意識しました。

慶喜はふだんの草彅くんと似ている気がします
Q:慶喜と円四郎の関係をどのように思いますか。また、草彅剛さん演じる慶喜はどのような印象でしたか?

徳川慶喜は“最後の将軍”といわれ、徳川幕府を潰した人というイメージがありましたが、いろいろと調べると、かなり頭のいい人だと感じました。江戸城に籠もって抗戦することもできたのに、「これからは日本の国内で争いをしている場合ではない。時代は変わっていくべきだ」と本当の意味で国を思って無血開城を決断した。あの時代にその判断ができたのは、ずっと先を見据えていたからだと思うんです。慶喜が円四郎を受け入れたのはイエスマンではなかったから。うそをつかず、将軍である自分に物を申す円四郎が信用できたのでしょう。そして円四郎も慶喜が出世をのぞまず、「おごりや過ちがあったら必ず自分を諌(いさ)めてほしい」と言う姿に、とても魅力を感じていたのだと思います。

草彅くん演じる慶喜は、ふだんの草彅くんと似ている気がします。淡々としていて、激高したりしない。それが頭のいい慶喜ととてもマッチしている。今回、久しぶりに草彅くんと一緒のシーンを演じて、その演技に心を打たれる瞬間が何度もありました。

妻のやすと昔のように笑いながら暮らしたいと望んでいた
Q:平岡円四郎が斬られるシーン。どんな思いで演じましたか?

円四郎は自分がほれた慶喜という人が、政治の間口を広げ新しい日本を作っていくことを本当に楽しみにしていたと思うんですよね。信頼する人のもとで国が大きく変わっていく過程を見られること、そして、それをいちばん近くで手助けできることに円四郎はワクワクしていたのではないかと想像します。そして、慶喜のもとで役目を果たしたら、生まれ変わった江戸で木村佳乃さん演じる妻のやすと昔のように笑いながら暮らしたいと望んでいたのではないかと思うんです。円四郎は無防備すぎたのかもしれません。いよいよ慶喜によって国が変わっていくというときに命を奪われて、本当に無念だったと思います。円四郎が最後に発した「死にたくねぇ」というセリフが全てなんでしょうね。

面倒くさいけれど、ものおじしなくて“おかしれぇ”と思いましたね
Q:堤さんがお気に入りのシーンは?

第14回の冒頭のシーンです。今にも捕縛されそうな栄一たちへの「一橋の家来になれ」という円四郎の提案に対し、ほかに選択肢がない状況にもかかわらず、もう一回考えさせてほしいと言う。命を助けてやると言っているのに、まだ己の意思だの志だのって…(笑)。素直にそれを口に出してしまう栄一たちが、面倒くさいけれど、ものおじしなくて“おかしれぇ”と思いましたね。

---渋沢栄一を演じる吉沢亮さんは堤さんにどのように映っていましたか?

渋沢栄一という人物を演じるのはものすごく難しいだろうなと思いながら見ていました。渋沢栄一は幕末のヒーローではなく、武士道的な精神で突っ走る役でもない。出会う人や起きた出来事によって学び、考えを変えていく人です。きちんと筋の通った判断能力は持っているけれど、若者らしい熱量もなくてはいけない。葛藤や、迷いも多い。そういう「迷い」を演じ続けていくのはとても難しいことだと思います。でも、吉沢くんは天性の才能がある俳優だから、きっと見事に演じ切るだろうと思っています。

Back number

インタビュー

Special