青天を衝け

紀行

第35回「東京都北区」
2021年11月14日

東京都北区。古くから市民の憩いの場として親しまれている飛鳥山。

栄一はこの地に邸宅を築き、グラント将軍をはじめとする内外の賓客を招きました。

飛鳥山公園

徳川慶喜の実情を知ってもらうため、栄一は茶室で慶喜と伊藤博文らを対面させたといいます。

園内に残る建造物の一つ・晩香廬(ばんこうろ)。栄一の喜寿を祝い、清水組が贈った洋風茶室です。

家具や調度品にも設計者の細やかな心配りが感じられます。

晩香廬

書庫として建築された青淵(せいえん)文庫。火事を防ぐために当時では珍しい電気ストーブが使用されました。

青淵文庫

栄一が愛した飛鳥山には、その面影が多く残されています。

  • 飛鳥山公園(旧渋沢庭園)

    JR「王子」下車 徒歩6分

Back number

紀行

Special