青天を衝け

紀行

第30回「埼玉県深谷市」
2021年10月10日

埼玉県深谷市。華蔵寺(けぞうじ)は渋沢家の菩提寺です。華蔵寺の当時の住職が、栄一の父・市郎右衛門を弔ったといいます。

華蔵寺

東の家(ひがしんち)の三男に生まれ、中の家(なかんち)の婿養子に入った市郎右衛門。藍玉の製造・販売や養蚕を行い、中の家を繁栄に導きました。

旧渋沢邸「中の家」(渋沢栄一生誕地)

『晩香遺薫(ばんこういくん)』は、市郎右衛門が書き残した書を後年、栄一がまとめた本です。(晩香=市郎右衛門の雅号)

学問を好み教育に熱心だった市郎右衛門は、子供たち一人一人に習字の手本を書き与えていました。そこには男女の隔たりなく教育を行った市郎右衛門の先見性をうかがうことができます。

実直に生き、中の家を守り続けた市郎右衛門は、血洗島から栄一の活躍を見守り続けました。

渋沢家の墓
  • 華蔵寺

    JR「深谷」からバス「中の家」下車 徒歩20分
    ※バスの運行は、2021年2月16日から2022年1月10日までです。

Back number

紀行

Special