青天を衝け

紀行

第27回「北海道函館市」
2021年9月19日

函館市のシンボル・五稜郭(ごりょうかく)。箱館港の守りを強化するために築かれた西洋式の城郭です。

五稜郭跡

土方歳三率いる新選組や渋沢喜作など、旧幕府軍が五稜郭を占拠。しかし、新政府軍の反撃にあい、窮地に立たされます。

旧幕府軍の幹部たちは決戦を前に異国橋近くにあった武蔵野楼で別れの杯を交わしました。

異国橋跡付近(現・十字街電停付近)

函館山の近くに築かれた弁天岬台場。新選組は奮闘するも、新政府軍に取り囲まれて孤立。土方歳三は味方の救援のため、台場へ向かったと伝わっています。その途中、銃弾を受け、命を落としました。

土方歳三最期之地碑
碧血碑(旧幕府軍約800人の戦死者を弔う慰霊碑)

戊辰戦争最後の戦いとなった箱館戦争。己の正義を貫いた彼らの生きざまは今も語り継がれています。

  • 五稜郭跡

    函館市電「五稜郭公園前」下車 徒歩15分

Back number

紀行

Special